質問を頂きました。
大変恐縮ですがアメリカ株は初心者です。

りんりさんのブログは良く読ませていただいています。

早速ですが、VOOを2000万ほど先々の財産として残したいのですが、

今、購入に適した時期でしょうか?

私は10年以上は保有するつもりです。

恐縮ですがご教示をお願いします。

一括か分轄か?当方65歳です。

質問ありがとうございます。

ブログを読んで頂いているとのことで、本当に嬉しく思います。

若輩の、あくまで個人的な意見ですが、

できる限り答えていきたいと思います。

S&P500は良い選択だと思います。

まず、アメリカ株投資の初心者の方が、

VOO(S&P500)を選択するというのはとても良い選択だと思います。

また、65歳からでも、米国投資を始めようという姿勢は、本当に素晴らしいと思います。


ポイント

いろいろ考慮すべき点はありますが、

①今、購入に適した時期でしょうか?

②一括か分轄か?

今回は、この2点に絞って話していきたいと思います。



①今、購入に適した時期か?

これは非常に難しい質問です。

答えは「わかりません」

株価が予想できないというのであれば、

理論上は「今」が最も購入に適した時期でもありますし、

所詮、結果論と考える事も出来ます。


ただ、VOOに長期投資をする場合、

短期投資や個別株投資と違い、

購入に適した時期、つまり「マーケットタイミング」が、投資リターンに与える影響はそう大きくはありません。

00
参考 バンガードのHP

より大切なのは「資産配分」をどうするかということになります。

ですから、あまり神経質になる必要はないかと思います。

そのうえで、二つグラフを紹介します。


①VOOはフェアバリュー圏内
00

少し見にくいかもしれませんが、

S&P500(青のライン)が、

VOOを運用するバンガードの算出した「フェアバリュー(適正価格)」の範囲(グレーのラインの内側に入っていることがわかります。

ちなみに、このグラフは7月末時点のものとなります。

7月末時点のVOOは300.10。9月10日現在のVOOは306.7ドルですから、

今も十分にフェアバリューに近い水準にあると思われます。

少なくとも2000年のITバブルの頃のようにフェアバリューを大きく逸脱してはいません。


もちろん、短期的に下落する可能性は大いにありますが、

(逆に上昇する可能性もありますが、)

現在のバリュエーションだけみれば、

極端に割高すぎるというわけではありませんから

つまり、長期リターンがひどく損なわれる可能性が低いと思われますから、

個人的には特に気にする必要はないといいますか、

今、購入しても問題ない水準だと思います。

もし、私なら普通に買います。


「補足」 むこう10年間の現実的な利回り
00

ちなみに、バンガードは2020年6月末時点から、

向こう10年間の年率リターン(名目)を

米国株式  4%~6%。

国際株式(除く米)7%~9%になると予想しています。

参考までに。

http://etfsp500.com/archives/24274069.html?ref=popular_article&id=7920700-754213


※最安値を狙いたい衝動を抑える。

暴落や下落を待つという戦略に関しては、

上手く行く時もあれば、いかない時もあります。

バンガードの研究では上手くいかない時の方が多いとされています。

一括か分轄か?の質問にも通じますが、

現金のまま下落を待っていているうちに、

どんどん株価が上昇して、結果的に高値で買う事になってしまうという可能性もありえます。

それこそ、「運」や「自分でコントロールできない市場や世界の環境」の話になってきます。

ベストのタイミングを計る事は、

プロやウォーレン・バフェットでも不可能ですし、

VOOに関しては、細かいタイミングの違いは長期リターンにあまり影響を及ぼしませんから、

ある程度割り切って、投資を始めることも大切だと思います。


それでも気になるなら、0か100かではなく、

最初に、ある程度資産をS&P500に配分しておいて、

残りの部分を下落の都度買い増していくという方法もあると思います。

(ただ、それはそれで難しいと思います。どこまで下がるのか、いつ買うのか、など)



②一括か分割か

まず、以前書いた記事に目を通して頂けると嬉しいです。

S&P500(VOO)に投資をするなら一括投資が良いのか?積立がいいのか?

http://etfsp500.com/archives/22542842.html


理論上は一括投資の方が有利です。

そして、私自身であれば、今すぐに一括で、

自分の①投資目的②リスク許容度③投資期間に合う「資産配分」になるよう変更します。


ただ「一括投資をしたあとで市場が暴落したら」と考える人もいると思います。

もし、少しでも不安を感じるようでしたら、

無理する事はありません。

2~3年くらいかけて、何回かにわけて購入してもいいと思います。


また、年齢が65歳という事、投資期間が10年ということもありますので、

VOOの購入にあまり長い時間をかけすぎるもの禁物です。


例えば、100万円の資金を毎月1万円ずつ積み立てていくと、

100万円すべてがVOOになるまでに、8年以上かかってしまいます。

最初に投資した分のVOOは10年間投資を続けること(株式市場へエクスポージャーをとること)ができますが、

最後の方のVOOは2年もたたないうちに投資予定期間が終了する事になってしまいます。

流石に2年では複利効果や、長期投資のメリットを享受する事はできません。

これは、あくまで一例ですが、

似たようなことが、質問者様の投資期間の後半に投資したVOOにも当てはまります。


参考 S&P500(円建て)1988~2016年間までのリターン
00
S&P500といえど、短期(1~数年単位)では、マイナスリターンになることもあります。

10年でも絶対とは言えませんが、

過去の傾向では長く投資期間を取った方が、プラスリターンになる可能性は高くなります。


本来であれば、

また、本来であれば、

投資期間後半になるにつれVOOをどんどん増やしていくのではなく、

下の図のように、最初に株式(赤と黄色部分)

今回のケースで言えばVOOに多く配分して、

投資期間後半になるにつれて、リスク資産(VOOの割合)を減らしていく方が良いと思います。
00


まとめ

他にも考慮すべきことや、話したいことがありますが、

長くなりましたので、

今回はこの辺でまとめたいと思います。

①今、購入に適した時期でしょうか?

わかりません。

短期的には動くかもしれません。

が、今、購入しても問題はないかと思います。


②一括か分割か

一括の方が有利ですが、無理する必要はありません。

ただ、年齢や投資期間を考えると、

できるだけ早く目標とする資産配分に持っていった方が良いと思います。

ただし、私の答えが絶対ではないので参考までに。


最後に一言。

最後となりましたが、

本当にいつもブログを読んで頂きありがとうございます。

65歳で新しい事に挑戦する姿勢、

そして年下にでも教えをこう姿勢。

とても尊敬します。私が65歳になった時もそうでありたいと思います。


長々と書いてきましたが、

投資目的、リスク許容度、他に保有している資産や、収入源などに応じて、

自分なりに情報をいい塩梅に調整し、折り合いをつけて頂ければと思います。

個人的には、質問者様の投資可能期間や年齢などから、

効率性・合理性・理論上の最適解を求めてギリギリを責めるより、

十分すぎるくらい余裕を持ちながら、

アメリカ株投資・今後の資産形成に取り組んで頂ければなあと思います。

質問者様の今後の人生が良い物であることを祈っています。


実は、S&P500やVOOへの投資を始める時に、

今回の話題にあがったような点を悩んでいる方は多いかと思います。

でも、実は私はそれでいいと思っています。

未来はどうなるかわかりませんから、

投資をする時に悩むのは当たり前の事だと思います。

逆に悩まない方が、かえって危うさを感じたりもします。

不安や恐れが、自分にとってベストの資産配分・ポートフォリオを作るヒントになったりもします。


ですから、悩んだりして当然、

完全な正解がないのが普通。

と割り切っていくことも大切だと思います。

特にVOOへの長期投資であれば、タイミングのもたらす影響は少ないですから、

是非、ご自身で、納得いく決断をされ次第投資を始めて頂ければなと思います。


いつも本当にありがとうございます。

もしよろしければ、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterもよろしくお願いします。

https://twitter.com/SandP500ETF

毎日投資に役立つ情報を発信中。