00

FAANGのフェアバリューは?

先日、米モーニングスターにて、

FAANG株について、それぞれの見解がまとめられた記事がありましたので紹介します。

「参考」 How Do FAANG Stocks Look after Market Rout?


「結論」

FAANGはどれも安いわけではありません。

特に、AppleとNetflixはモーニングスターの基準では大幅に過大評価されています。

Facebookは公正価格をわずかに上回り、AmazonとAlphabetは公正価値を下回っています。

ただ、この3銘柄が不確実性が「高い」と格付けされています。


これらの点から、スーザン・ジュ​​ビンスキー氏は、

ある程度の安全域を待ってから投資することをお勧めています。



以下各銘柄のまとめです。

フェアバリューはあくまで見積もりです。

より詳しい内容が知りたい方は、元記事もご覧ください。

Facebook (FB)

フェアバリュー     265.00
9日の終値      273.72
不確実性      高い
経済的な堀     広い


アップル(AAPL)

フェアバリュー   71.00
9日の終値     117.32
不確実性      高い
経済的な堀     狭い


アマゾン(AMZN)

フェアバリュー   3,500.00
9日の終値       3,268.61 
不確実性      高い
経済的な堀     広い


Netflix (NFLX)

フェアバリュー    200.00
9日の終値       500.19
不確実性    非常に高い
経済的な堀    狭い


アルファベット(GOOG)

フェアバリュー  1,690.00
9日の終値      1,556.96
不確実性      高い
経済的な堀     広い

あくまでも、米モーニングスターやアナリスト等の見解という点に注意しつつ、ご覧頂ければと思います。


まとめ

それぞれの見解や、

この中で「私が投資をするなら」とか「今後の予想」とか書ければおもしろいのかもしれませんが、

個別株をもう5年以上やっていない私が、外からあれこれ言うべきでもないと思いますし、

そんなことをするのは私の柄ではないですから。

私自身は、S&P500ETF(VOO)を通じて、今まで通りこれらの銘柄も保有していきたいと思います。

また、個別株に投資をされている皆様、それぞれの投資判断が良い結果へ繋がる事を祈っています。


いつも本当にありがとうございます。

もしよろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング


Twitterもよろしくお願いします。

https://twitter.com/SandP500ETF