質問です。

早速ですが、ちょっとした質問があります。

とはいえ、大したものではないので気軽にお付き合い下さい。

注)以下の内容は全てドルベースでのものとなります。


2つのポートフォリオ
00

ポートフォリオ①は、

配当込みの年率リターン    -6.75%
最大ドローダウン        -81.08%
シャープレシオ      -0.19

2000年に投資をした1万ドルは、8年間で5715ドルになりました。


ポートフォリオ②は、

配当込みの年率リターン   15.07%
最大ドローダウン        -43.96%
シャープレシオ       0.62   

2000年に投資をした1万ドルは、8年間で30734ドルになりました。


さて、ここで質問です。

①もし、あなたならどちらに投資したいですか?

②もし、あなたがこの結果を知っていたら、2000年時点でどちらに投資をしましたか?

ポートフォリオ①に投資をしたいという方は、なかなかいないのではないのでしょうか?



答え合わせ

勘のいい方は、すでにお気づきの事かと思います。

ポートフォリオ①は 「QQQ」100%

ポートフォリオ②は 「VEIEX」100%

で、構成されたポートフォリオとなっています。

VEIEXは、VWO(新興国に投資をするバンガードのETF)の投資信託バージョンです。

2000年から比較するため設定年が古いVEIEXのデータを用いました。


2020年7月までのチャート

下は、2000年1月から2020年7月末までのチャートです。

00

QQQの元本が回復したのは、

配当込みで2013年後半のこととなります。

もちろん、QQQに投資をしている方や他人に勧めている方は、

こういう事実を十分に知った上で、投資をしていることと思います。


ただ、最近投資を始めた米国株初心者の方は、

QQQにもこういう間があった

・・・というか、調子のいいのはここ数年のことで、

長期に渡って低迷していたという事実を良く勉強することが大切だと思います。



このチャートから学ぶべきこと

もちろん、株価が低迷している時に、

どんどん追加投資をすれば、回復はもう少し早くなると思います。

しかし、他の調子のいい投資対象に目もくれず、

低迷しているQQQへ長期間に渡って追加投資を続ける、という意志の強さと勇気のある方はなかなかいないと思います。

また、2000年1月から切り取ったのが悪いという意見もあるかと思います。

まあ、そのとおりなのですが、

逆に言えば、タイミング悪く投資をすれば、それ以降の数年間こうなる可能性もあるという教訓にもできます。

いずれにせよ、長期的にリターンがイマイチな時期があった事実は変わりません。


誤解しないでほしいのは

QQQが「悪い」「投資をするな」と言っているのではありません。

リスクを理解した上で判断することが大切だ。

と言っているわけです。

実際、私はFANGMやナスダックの銘柄は大好きですし、

VOO(S&P500)を通じてそれらの多くに投資をしています。


また、これはQQQに限った問題ではなくて、

VWO(新興国)やVOO(S&P500)にも同じことが言えます。

いずれも、過去、長期的に良いリターンをあげられなかった時期があったわけです。

いい話だけではなく、そういう期間の事「も」良く考えて、投資をすることが大切だと私は思います。


まとめ

どんな投資対象であれ、良い時期も悪い時期もあります。

変化のタイミングが完全にわかればいいのですが、

まあ、なかなかそう上手くはいきません。


私が今回伝えたかった事

①悪い時期やリスクのことを忘れてはいけない(直近のリターンのみで判断しない)。

②自身のリスク許容度をこえない範囲で投資をすることが大切。

私が今回伝えたかった事この二点です。


自分が意図しない(知らない)リスクを、気づかないうちに抱えていた。

となれば、いざという時、想像以上の痛手をくらうことになります。


もちろん、いろいろな投資戦略・意思決定の仕方があるかと思います。

直近のリターンがいいとか、みんなが勧めてるとか、最強とか、

そんな感じで決めるのも、もちろん自由ですし、

そういう時代なのかなとも思います。


ただ、私は、昭和の古い、田舎の不器用な人間なものですから、

QQQに投資をするにしても、VOOに投資をするにしても、

やっぱり、「良くない点」までしっかりと自分で徹底的に調べて、

自身のリスク許容度の範囲内で、

余裕をもって投資をすることが大切だと思います。


※いつも本当にありがとうございます。

応援クリック励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterもよろしくお願いします。

https://twitter.com/SandP500ETF

毎日投資に役立つ情報を発信中。