現在株価は割安か?

世界の株式指数のPER(6月30日時点)

00.
参照 JPモルガンアセットメント 「株価の割高・割安」

右上のグラフをもう少し詳しく見ていきましょう。


主要国の株式のバリュエーション。
00

参照 JPモルガンアセットメント 「株価の割高・割安」

主要株式市場の6月30日時点のPERとPBRです。

PERだけで見た場合、過去15年のレンジや平均と比較して、

米国、欧、オーストラリア、新興国、インドなどはやや割高、他の地域は概ね平均並み。

PBRだけでみると、米国はやや割高、他の地域は平均かそれ以下だという事がわかります。


「参考」7月のVTの株価

VT(全世界株式)は6月30日以降、約3%以上上昇しています。(ブルームバーグ参照)

00





S&P500のPER
00

S&P500のPERについてもう少し詳しく見ていきましょう。

現在のS&P500のPERは、米国の金利が低い事などと合わせて考える必要があります。

例えば、2016年から2018年にかけて、

S&P500のPERが19倍から17倍に下落していますが、

これは米国金利が上昇したことによってPERが下がったからです。
00

今は金利がほぼ0な事に加え、金融および財政政策でブーストがかかっていますから、

多少PERが高く感じる方もいるかと思いますが、

個人的には十分に許容できる範囲内だと思います。


バンガードの分析
00
バンガードのHPより引用

バンガードのレポートによると、

6月末時点のS&P500指数が、フェアバリューに近い数値だったという事がわかります。

7月中にS&P500指数は若干上昇したものの、おそらく現在もグレーのフェアバリューの範囲内だと思います。


まとめ

あくまで私個人の考えですが、

米国株式市場の価格は普通(許容範囲内)。

それ以外の地域は普通~やや割安。という印象を持っています。


直近の株価の上昇で、

S&P500などに積み立てるのが「逆に嫌だなあ」と感じている方もいるかもしれませんが、

歴史的には、よくある範囲の中で推移しているだけなので、

株価の動きをあまり気にしすぎないようにて、投資を続けていきましょう。


※いつも本当にありがとうございます。

もし、よかったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterもよろしくお願いします。

https://twitter.com/SandP500ETF

毎日投資に役立つ情報を発信中。