0000
2016年の個人投資家を振り返える


前回の大統領選挙があった2016年、

マネー研究所にこんな記事がありました。

個人投資家、トランプ相場でひと息 4割がプラスに

つまり・・・、6割は・・・・


2016年を知っている方も、最近投資を始めた方も、

2016年を振り返って、過去の教訓を学んでいきましょう。

「参考」2016年のVOO(S&P500ETF)は12.17%上昇しました。(配当込・ドルベース)


2016年の主な出来事

2016年は一年を通じて相場が大きく動いた年でした。

〇日銀によるマイナス金利導入

〇英国民投票での欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)決定

〇米大統領選挙でのトランプ氏勝利

〇円高 一時1ドル=99円台に

〇LINE上場。任天堂復活


2016年の運用成績は?

Money&Investmentが行った、

アンケート調査(回答者646人)によると、

2016年の運用成績はこんな感じになりました。

00
画像は同記事から引用


プラスリターンだった投資家は43%でした。

一方で、±0~マイナスリターンとだった投資家も、

半数以上(57%)いたという結果となりました。


どんな商品に投資をしていたの?
00
画像は同記事から引用


この調査に回答した方のほとんどが

日本株、円預金に投資をしています。

一方で、外国株式に投資をする方はあまり多くなかったようです。



〇日本株式・TOPIX(配当込み)のリターン

下の図はTOPIX(配当込み)に、

10年間投資をした場合の年率リターンを表したものです。

00
JPモルガン・アセットマネジメントより引用

1990年1月末から期間をずらして検証した結果、

245サンプル中マイナスのリターンとなったのは119サンプルとなりました。

1990年以降、日本経済が厳しい中、

また、ITバブル、リーマンショック、東日本大震災(3.11)、コロナショックなど

様々な危機も含まれる中、十分に健闘していたようにも思います。


先進国株式と債券に分散投資をした場合

次に、同期間、

先進国株式と先進国債券に50%ずつ投資をした場合のリターンを見てみましょう

00

先進国株式:MSCIワールド・インデックス(配当込み)先進国債券:ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合インデックス
JPモルガン・アセットマネジメントより引用


先進国株式と先進国債券に50%ずつ資産を配分した場合、

日本株だけの時に比べて、かなり安定してリターンを残せたことがわかります。

様々な危機や出来事があった20年間でしたが、

マイナスリターンになったのは4サンプルのみでした。


このグラフは、

①10年以上長期投資を続けること。

②様々な国や地域、資産に分散すること。


の有効性がよくわかるグラフだと思います。



米国株投資家が学ぶべき教訓

2016年は、米国投資家にとってもおもしろい年で、

ここ10年で、唯一バリュー株がグロース株を

大きくアウトパフォーマンスした年でもありました。


米国株投資家の間で、

大型優良株・高配当株が多い、バリュー銘柄が流行り始めたのもこのあたりか思います。

しかし、その後、バリュー株は、3年半に渡り、

グロース株にアンダーパフォーマンスすることになりました。

ウォーレン・バフェット氏がアップルに投資を開始したのも2016年でしたね。

00

モーニングスター参照

特定の地域やスタイルに賭ける戦略は、上手く行く時もあれば、

いかない時期もあるという事がわかります。


まとめ

2016年を振り返りながら、分散投資の大切さなどを紹介してきました。

もし、日本株だけに投資をしていたり、

アクティブな戦略をいろいろやってみて

「あれ?思うようにリターンが上がらない?」 

「どうしても全世界株式(VT)などのリターンに劣後し続けてしまう」

と感じている方などは、


ポートフォリオの一部でもいいので、

長期・分散投資を一度試してみてはいかがかなと個人的には思います。

変に動き回るより、意外といい結果を残せたりするかもしれません。


歴史は繰り返さないが韻を踏むといいます。

自分が失敗して学ぶことも大切ですが、

歴史から学び、避けられる失敗は避けた方がより賢明だとも思います。

特に最近投資を始めた方は、

2016年に限らず過去を学び、自分の投資に活かすことが大切だと思います。


※いつも本当にありがとうございます。

みなさんの応援がなければ、ここにいない私です。

もしよろしければ、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterはもよろしくお願いします。

https://twitter.com/SandP500ETF

毎日投資に役立つ情報を発信中。