S&P500指数の1年毎のリターン

以前「S&P500の過去195年間のリターンを振り返って」と題して、

S&P500指数の1年毎のトータルリターンの分布を紹介しました。

参考「http://etfsp500.com/archives/23954671.html」


例えば、S&P500のリターンが、195年間中、各リターンの範囲内に収まったのは年々かを表すとこんな感じになります。

00


約7割(72.8%)の年で、

S&P500の年間のトータルリターンは、

ー10%~+30%の範囲に収まっていることがわかります。


※但し、両端の数字からも目をそらしてはいけません。(特に左側)

※この記事の内容は全てドルベースになるのでご注意ください。


S&P500に10年投資をした時のトータルリターン

次に、S&P500に10年投資した場合のトータルリターンの分布を見ていきたいと思います。

以下の図は1880年から2020年までの間の、

10年毎のS&P500のトータルリターンの分布を表したものです。

00
参考 Rob Hager氏の画像を元に少し加工しました。


1880年から2020年まで140年間のうち

S&P500に10年間投資をした時の平均トータルリターンは年率9.2%でした。

最も直近の10年間のトータルリターンは年率13.6%となりました。

S&P500に10年間投資した場合のトータルリターンは、

だいたい年率+5~15%の間に収まっています(インフレ調整前)。


ちなみにGSは2030年までの10年間のトータルリターンを6.1%と予想しています。

バンガードは今年3月31日時点から、10年間の米国株式市場のリターンを6.5%±1%と予想しています。

いずれも過去平均よりリターンは落ちる予想ですが、まあ普通の予想となっています。



最近、米国投資を始めた方へ知ってほしい事

①S&P500に10年投資をしても、配当込のトータルリターンがマイナスになる時が何回かあったということ。

(特にリタイア後や年齢の高い方は注意)

②相対的に他の投資対象の方が、数年~数十年に渡り、高いリターンをあげた期間がある事。

②について少し捕捉します。

「参考」

1959年~1984年までの24年間の年率リターン

S&P500  8.4%
EAFE   9.7%


参考にして欲しい「過去記事」

【国際分散】今後10年、本当に米国株式100%投資で大丈夫なのか?【米国投資】

http://etfsp500.com/archives/21881985.html

これらの事実をよく知った上で投資をすることが大切です。


〇ポイント

例えば、他の資産が高くなり、話題になってから、米国投資を辞めてそっちに切り替える。

また米国株がよくなったら戻ってくる。

これを繰り返すと高値買い(安値売り)となってしまう可能性があり、長期的なリターンを押し下げることに繋がる可能性があります。

もちろん、タイミングよく切り替えれれば最高ですが、たいていの場合上手くいきません。

最初の資産配分を維持した時に比べて、タイミングを計ろうとすると1.5%程リターンを押し下げることに繋がるというバンガードの調査結果もあります。

また、コストをより多く発生させてしまう可能性もあります。

これらを良く考えたうえで、資産配分を決めることが大切です。



それでも米国株式(S&P500)100%の投資をするなら

①米国株式市場の下落に耐えること

②他の資産の上昇を無視し続けること


この二つの強い意志が必要です。


それでも、米国株式(S&P500)100%の投資をするというのなら私は応援しています。

心から幸運を祈っています。

5年ほど米国株式100%(今もほぼそれに近いのですが)を続けた感想としては、案外できます。

悪い方では、ブリグジット、トランプショック(前回の大統領選)、金利上昇、米中問題、コロナショック、北朝鮮のミサイルや中東などいろいろありましたし、

良い方では、仮想通貨、ナスダック(FANGM)、高配当、良い個別銘柄、スマートベータ、SPYD、金、グロ3、レバレッジ、他にもいろいろ話題がありましたが、

ごくごく普通の一般人で、ものすごく凡人で素人の私でも、全部無視して投資を続けることができました。

だから、きっとあなたにもできます。


基本は国際分散だと思います。

その一方で、私は親しい友人や初心者の方など、

自分以外の人に対しては昔から全世界株式に分散することを勧めてきました。

私はご存知の通り、バンガードの影響を強く受けているので(笑)

基本は国際分散だと思っています。

私自身も投資目標や投資可能期間の変化や、リスク調整後リターンの改善などを目指して、最近VXUSへも投資を始めました。

しかし、だからといって手のひら返しで、

米国株100%の投資を否定する気にはなりませんし、私にはできません。

また、今でも、米国株式市場未来についてはとても楽観的に思っています。

極論ですが、どんなPFであれ、一部には米国株を加えた方が良いまでと思っています。


まとめ

S&P500や米国株に集中投資をするなら、

始める前に良く事実を知り覚悟を決めることが大切だと思います。

流行に乗っかって軽い気持ちでやるとやられます。



米国株のみと国際分散と最終的にどちらのリターンが高くなるかは私にはわかりません。

ただ、米国株、全世界、新興国、もしくは株式以外のアセットなど、

何にどう資産を配分するにせよ、

みなさんのそれぞれの投資目標が無地達成されることを私は八戸から願っています。


※いつも本当にありがとうございます。

もし、よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterもよろしくお願いします。

https://twitter.com/SandP500ETF






株価やニュースに動揺してしまう方におすすめ