00
決算シーズンが始まりました。

明日以降の決算の予定はこんな感じです。

00
https://www.earningswhispers.com

詳しい日程は

マネックス証券 米国株式決算カレンダー

など各証券会社のHPなどで確認できます。


米大手銀行三行の決算について

普段あまり個別銘柄について書かないのですが、

一つ気になったことがあるので、今回は書いていきたいと思います。

まずは、昨日決算発表があった、米銀3行についてみていきましょう。


〇JPモルガン・チェース


EPS  1.38ドル   (予想 1.23ドル)
売上高 329.8億ドル(予想  302.3億ドル)

〇シティグループ

EPS  50¢    (予想 27¢)
売上高 197.7億ドル(予想 190.6億ドル)

〇ウェルズファーゴ

EPS  -66¢   (予想 -10¢)
売上高 178億ドル (予想 183億ドル)


JPモルガンやシティは予想を上回りましたが、

投資部門が弱いウェルズファーゴが苦戦。減配も発表しました。

ただ、それ以上に気になったのは、3行の貸倒引当金の多さです。



不良債権が増えるのはこれから?

JPモルガン、 シティ、ウェルズ・ファーゴの米銀3行の

第2四半期の貸倒引当金は合計で約280億ドル(約3兆円)でした。

これは2008年10~12月以来の水準で、アナリスト予想を上回る額となりました。

つまり、3行は、

今後不良債権が増えることについて、

めちゃくちゃ警戒しているという事がわかります。

00
参考 ブルームバーグ

3行の貸倒引当金の年初来の合計は470億ドルとなり、過去3年間の合計額をも上回っています。

3行とも、米国で新型コロナの猛威が続き、経済見通しは悪化したと指摘しています。


JPモルガンダイモンCEOの見解

今のところ、米国政府と金融当局の速やかな対応で、

失業者は急増したものの、個人は遅滞なく債務の支払いを続けることができており、新型コロナウイルスによる不良債権の急増は回避できています。

JPモルガンによれば、消費者ローンの支払い延滞率やクレジットカード、住宅ローンなどの支払いは現時点では問題なさそうです。


しかし、ダイモンCEOは、

今後について厳しい見通しを述べています。

「当局が打ち出した政策の影響で、すぐには表れてこないだけだ」

「今回は通常の景気後退ではない。リセッションの影響は今後目にすることになる

経済が下落前の水準まで回復するには、まだまだ時間がかかるかもしれません。



米財政赤字、6月は過去最大

米財務省が13日発表した

6月の財政赤字は8641億ドル(約93兆円)と単月で過去最大となりました。

6月の歳出は過去最大の1兆1000億ドルに膨みました。

中小企業を支援する「PPP」を監督する中小企業庁の支出が約半分を占めます。

一方で、歳入は前年同月比27.9%減となりました。

2020会計年度(19年10月-20年9月)の、

最初の9カ月間の赤字は合計2兆7000億ドルで、既に前年度の赤字の3倍近い規模まで膨らんでいます。

米国の財政赤字の行くへが気になる今日この頃です。


まとめ

ワクチンや治療薬がいき渡るのが先か。

冬になりコロナウィルスが活動をより活発化するのか。

マネーがショートするのか。

私にはわかりません。

ただ、そういう可能性、リスクも0ではありません。


直近の株価の回復、上昇に逸る気持ちもわかりますが、

自身の許容できるリスクを超えないように、

適正な資産配分を維持しながら、注意深く投資を続けることが大切だと思います。

ただリスクをとるのではなく、リスクと上手く付き合っていくことが大切です。


※いつも本当にありがとうございます。

みなさんの応援がなければ、ここにいない私です。

もしよろしければ、応援クリックお願いします。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterはこちら

https://twitter.com/SandP500ETF