00
S&P500に長期投資を決めた日の話

今回は私が初めてバンガードS&P 500 ETF(VOO)に投資を決めた時の話をしたいと思います。

私はS&P500インデックスファンドに長期投資をしようと決意した日、

もう、その日のうち番号を調べ、

あるところに電話をしました。

本当に私が長期投資に向いているのか、少し心配になったからです。


「八戸市保健所」

私は八戸市の保健所に電話をしました。無料でエイズ検査を受けるためです。

https://www.hivkensa.com/search/?enc=%E3%81%82&mode=detail&id=708

その日のうちに予約しました。

その後無事、HIV及び梅毒、クラミジア抗体、B型肝炎、C型肝炎などの感染症にかかってないことがわかりました。

大丈夫だとは思っていましたが、いざ検査に行くと結果が出るまでドキドキするものです。

それと前後して、人間ドックにも行き一通り検査をしました。

本当に幸運な事に、私は健康でした。

ひとまず「これで、気兼ねなくS&P500インデックスファンドに長期投資ができるぞ」と思ったものです。



長期投資と健康

長期投資は、長期間続けなければそのメリットは薄くなります。

私は当時、自分が本当に健康に生きられるか、長期投資に向いているのか、少し心配になり検査を受けてきました。


私が今回言いたいことは、すごく単純なことです。

これからS& 500にインデックスファンドに投資をしようとお考えの方は、 

自分の「健康」もしくは「健康寿命」ついてぜひ真剣に考えて欲しいという事です。

月並みな言葉ですが、

せっかく資産を築いても、死んでしまっては意味がありません。

そして、健康な事は何より貴重な財産だと本当に思います。


今週、脳ドックに行ってきます。

ちょうど今週、私は「脳ドック」を予約しています。

「脳」を調べるのは初めてで少しドキドキしています。

正直、今何が1番怖いかと聞かれたら、頭が今のように回らなくなる事かもしれません。


株価の暴落は実は本当にあまり怖くありません。

頭と体が動けばどうとでもなります。

老後、死ぬことよりも他人に迷惑をかけることが怖い。

と、不器用な私は思ってしまうのです。

そんなこんなで、従来の脳ドック(総合脳ドック)と「認知症ドック」と「脳卒中ドック」いってきます!



健康を大切に長期投資を続けましょう。

株価の暴落と一緒で、健康にも絶対はないと思っています。

しかし、防げるリスクは未然に防いでいきたい、そう考える今日この頃です。

確かに、検査を受けるのはめんどくさいかもしれませんが、

早期発見できれば助かる病気もありますし、結果的にコストがかかくて済むかもしれません。

もし、今までまったく何もしてこなかった方は、

1年のうちたった数日でいいですので、自分の体を調べる日を作ってみることを私は勧めます。


たった一つの体です。

もし一生で1台しかスマホが買えないことしたら、

普通の人はきっとそのスマホを、十分にケースなどで保護し、あまり持ち歩かず、大事に大事に使うでしょう。

少しでも不具合があれば修理したり、検査に出すと思います。

例えるものが、車やパソコンに変わっても、まぁだいたい似ようなものだと思います。


私たちの体は一生で1つしか手に入りません。

こっちは、例えではなく残念ながら現実です。

テクノロジーが進歩しているとはいえ、車やスマホと違って基本的に替えが効ません。

一生に一台のスマホや車以上に、検査し、メンテナンスし、大切に扱うべきだと思います。

自分自身の健康な体は世界に一つのモノです。

生涯に渡り、自分で責任を持って自身の健康と付き合っていく必要があると私は考えています。


今回の結論はすごくシンプルです。

(S&P500インデックスファンドなどに)

長期投資をするならば、健康にも気を使うことが本当に、本当に大切だと思います。

こんな私ですが、八戸より皆様の健康を祈っています。

30年後、どうせなら、みんなで成功して、

健康と素敵な老後を祝い合いたいものですね。


↓応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング