00
初めてのVOO投資を思い出す。

先日とある方と話していて、ふと昔を思い出したので書いていきたいと思います。

その方は、現在、積立NISAには満額投資をしていて、

更にあと月3万円ほど拠出が可能とのこと。

この時点でもう素晴らしいですよね。


その3万円で「S&P500」に投資をしたいそうなのですが、

「VOO」か「投信」(イーマクシスなど)で迷っているとの事でした。

すごいです。若い頃の私と全然違います(笑)



使いやすい方を・・・ちょっと待て!

いつもなら、

結論は「使いやすい方をどうぞ」

「初心者の方なら投信の方がいいのかな」くらいの感じで終わる話なのですが、

その方の真摯な姿勢に、なぜがふと昔を思い出し、突如電流が走りました。


200ドルの領域

「ちょっと待て! VOOが 高すぎる」

(りんり心の俳句 2016年 夏)

これは2016年夏、VOOが初めて200ドルを突破した時に、私が感じた正直な気持ちです。

いやいやながらも拠出を続ける投資家の気持ちを良く表した一句です。

その後、220ドルを超えるころには感情を失い、何も感じなくなりました。


米国の成長を信じるなら、VOO投資はおやめなさい

と、冗談はさておき、ここで考慮すべきポイントは、

2015年には、2万円もあれば1口買えたVOOが、

5年で、1口約3万円もするようになってしまったということです(経験者は語る)。


これは、ものすごく楽観論なのですが(笑)

もし、米国株式市場の成長を信じるのなら、

そう遠くない将来、VOOを1口買うのに4万円、5万円かかってしまうような時代がくるかもしれません。

そうなった時、もちろん、何か月かお金を貯めて、2~3カ月に一度VOOに投資をするというのもいいのですが、

普通の方はそこまでVOO愛を貫くよりも、合理性や投資のしやすさを重視する方が良いと私は思います。



「続けやすい方を使ってください」

普通の方が「月3万円」で投資をするなら、VOOへの投資はあまりお勧めしません。

SBI・VOOやイーマクシススリム。もしくは楽天VTIなどの投資信託を利用する事を提案します。

昔の私は、買付手数料負けしないくらいまで拠出額をあげて、意地でもVOOに投資をしようと努力しましたが・・・

もうそういう時代ではないでしょう(笑)。

大切なのは「資産をどう配分するか」。そして「長く続けること」だと思います。

是非、続けやすい方を選択してください。


もし「VOOが高すぎる」「投資しづらい」と感じている方は、

無理せず、100円からでも投資ができる投資信託から是非始めてみて下さい。

私は、あなたがVOOを選択しなくても、あなたの投資を応援しています。


↓応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング



全くの「0」から投資を始める方にお勧めの一冊





楽天証券