00
QQQのファクター分析

下の図はQQQをMSCI FaCSの6つの主要なFactor Boxで分析した図です。

00

「バリュー」「サイズ」「配当」がアンダーウェイト

「モメンタム」「クオリティー」がオーバーウェイトとなっています。

QQQをファクター分析してみると、

特に「モメンタム」と「クオリティー」ファクターに加重していることがわかります。

近年はバリュー株が振るわず、この両ファクターが好調だったため、QQQは良い成績を残してました。


VUG バンガードグロースETFのファクター分析
00

VUGをファクター分析してみると、

一目で、QQQととても似ていることがわかります。

米国大型グロース株に投資をしたい場合は、上記2つのようなETFを使うと、簡単に、低コストで、分散投資ができるので、私も良いアイディアだと思うのですが、

それらを2つも3つも重ねると、また違ったリスクを背負う事になります。



特定のファクターに加重し過ぎるリスク

個別銘柄やセクターは、それぞれ「多少」は異なるため、それで分散できるリスクもあります。(銘柄選択リスクなど)

しかし、これらの大型グロース株を中心とするETFはだいたい「モメンタム」「クオリティー」ファクターに加重している傾向があるため、

それを重ねれば、重ねるほど当然この2つのファクターの成績の影響を受けやすいPFとなります。


全ての状況下で万能なファクターは存在しません。

00
バンガードのpdfより引用

バンガードの研究によれば、主要なファクターはそれぞれ60か月(5年)以上、市場平均を下回った時期を経験しています。

「モメンタム」や「クオリティー」ファクターも例外ではありません。

両ファクターとも市場平均を20%以上、下回り続ける時期を経験しています。


「メリット」と「デメリット」を意識する

例えば、「QQQ+VUG」を重ねる事で、特定の状況下では更に強くなります。

と同時に、モメンタムやクオリティーファクターが不調に陥った時にはものすごく脆いPFもなります。

全ての状況下で万能な「ファクター」や「アクティブ戦略」は存在しません。

上手く行く時と行かない時があります。


決して、誤解しないでほしいのは、

私はこれらのETFやグロース株、アクティブな戦略そのものを否定しているわけではありません。

今回は例として「QQQとVGU」を出しましたが、

例えば「バリューETF」を重ねた場合も結論はほとんど変わらないでしょう。

私が今回言いたかったのは「リターン」だけではなく「リスク」も考えたうえで投資判断をすることが大切だという事です。

投資をする時には「メリット」と「デメリット」、要は「弱点」や「上手くいかない可能性」についても、良く考えて投資をすることが大切だと思います。



まとめ

直近の成績や未来の素敵な物語にばかり耳を傾け、

リスクや都合の悪いデータを無視するのはあまり賢明な投資とはいえません。

勝ち組ファクターの入れ替わるタイミングがわかればよいのですが、それもまたなかなか難しい話。


初心者方は、バランスのとれたポートフォーリオを見失わない事が大切だと思います。

もしアクティブな戦略を取り入れたいときは、自分のリスク許容度範囲内で、特定のファクターやセクターへ過度に加重しすぎないよう気をつけながら、バランスを意識して投資をすることが大切だと思います。

難しいと思った方や投資に時間を割きたくない方は、時価総額加重の伝統的なインデックスファンドに投資をする事を私はお勧めします。

もし、リスクを許容したうえで、集中投資をされる方は幸運を祈ります!

どうせやるなら是非成功を掴んでください


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング