「質問」

読者の方からこんな質問を頂きました。

「VTI-VOO」みたいなインデックスに投資がしたいんだけど(中略)

やはりラッセル2000がベストですか?


「答え」

はい。ラッセル2000で良いと思います。

しかし、より希望に近いETFもあります。



「VTI の復習」

VTIは全米時価総額のほぼ100%をカバーするETFです。

4/30日時点で、3513銘柄で構成されています。


「ラッセル指数の復習」

00

ラッセル3000指数は、米国株式市場の時価総額の約99%をカバーしています。

米国の時価総額上位3000銘柄からなる時価総額加重平均型(浮動株調整後)の指数です(ほぼVTIです)。

ラッセル3000の構成銘柄のうち、時価総額などを基準に二つに分けたのがラッセル1000とラッセル2000です。


簡単に説明すると

「ラッセル1000」は大型株。

ラッセル3000の構成銘柄の上位約1000銘柄で構成され、時価総額の約90%をしめています。

「ラッセル2000」は中小型株

時価総額が上位1001位から3000位までの銘柄で構成され、時価総額の約8%をしめています。

「ラッセル3000」=「ラッセル1000」+「ラッセル2000」というイメージです。


ですので、米国の中小型株にアプローチしたいとお考えであれば、

ラッセル2000は良いアイディアだと思います。



「VTI-VOO」=・・・?

ただ「VTI-VOO」

つまり、質問者様のいうように「米国株式市場ーS&P500指数」とやりたいのであれば、

もっと良いアイディアがあります。

こちらはS&Pのインデックスに連動するバンガードのETFを表した図です。

「VOO」の下に注目です。

00


点線で少しわかりにくいかもしれませんが、

中型株から超小型株までをカバーしたVXFというETFがあることがわかります。


「VXFとは」

VXFは「S&Pコンプリーション指数」に連動したETFなのですが、

このS&Pコンプリ―ション指数というのは、何を隠そう、

あのスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)社自ら、

S&P500指数を補完するために開発した指数です。


より詳しく知りたい方は、

ちょうど1年程前の少し古い記事ですがこちらも参考にしてみて下さい

VXF バンガード米国エクステンデッドマーケットETFとは」



まとめ

下の図がよりイメージしやすいかと思います。
00

VXFは4月30日現在、3233銘柄で構成されていて、

「S&P400(中型株)+S&P600(小型株)+超小型株」までカバーしています。

VOO(S&P500)とVXFを組み合わせることで、

米国株式市場の時価総額の99%をカバーする事が出来ます。


ですので「VTI」から「S&P500(VOO)」を除いたものに投資をしたい場合は、

ラッセル2000だと微妙にカバーしきれない部分がありますので、

VXFのほうがより適していると個人的には思います。


S&P500に投資をしていて中型株にも分散を広げたい方。

VTIに投資をしていて、サイズプレミアム(小型株効果)を狙いたい方などにもおすすめです。

ただ、ラッセル2000が悪いと言っているのではありません。

「参考」
00

VXFとVTWO(ラッセル2000ETF)のトータルリターン比較です。

近年ではVXFの方が良い成績を残しています。


00

検証期間を長くするため、

ブラックロックの「IWM(ラッセル2000ETF)」との比較してみました。

現在時点ではVXFが上回っていますが、リーマンショック前はラッセル2000の方が微妙に良い成績だったことがわかります。

ただ、この全期間での相関は非常に近い(0.03しか差がない)ので、誤差の範囲内だとも思います。

ここら辺はもう少しマニアックな話かもしれません。


「結論」

「VTIーS&P500(VOO)」にしたいという時には、個人的にはVXFをおすすめします。

VXFのもう一つの利点として、経費率0.06%というコストの低さがあります。


しかし、ラッセル2000が決して劣っているという話ではありません。

是非、ご自分で調べてみて納得する方に投資をして頂ければと思います。


S&P500指数に投資をしている方は、

S&P500を補完する「S&Pコンプリ―ション指数」を知っておいて損はないと思います。

とはいえ、自分もまだまだ未熟者ですので、

今後もS&P500(VOO)道を極めていきたいと思います。


↓応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング