市場をアウトパフォームしてきた産業

Hong and Kacperczykによれば

タバコ・アルコール・ギャンブル・兵器という罪深い企業(sin stocks)は

1926~2006年の81年の間、

米国株式市場を3~4%ほどアウトパフォームしてきました。


これらの企業は米国以外の国際的な株式市場でも、

2.5%ほど市場をアウトパフォームしています。

こちらの検証期間は1985~2006年と少し短いですが

21カ国中、19カ国でアウトパフォ ーマンスがあり、

2カ国で(-1%とー2%)のアンダーパフォーマンスがありました。



米国の120年間の15業種のデータ。
00


タバコ産業は、年率14.2%のリターンと米国市場を大きくアウトパフォームしました。

アルコール産業は1927年からのデータで、途中禁酒法などもあったため、この図にはありませんが、

その後のリターンは、タバコに次いで、2番目の成績となっています。


イギリス・バージョン
00

英国で最高のパフォーマンスを示した業種は、アルコールでした。

タバコは1920年~2019年のデータになりますが(図には記載なし)

その間、英国で2番目に高いパフォーマンスを示しました。



最新の論文

これらの企業の優位性として、

〇参入障壁と独占性があること。

〇訴訟リスクによる割引率。(多くの場合最悪のシナリオにはならなかった)

などがあげられます。


それ以外におもしろい研究として、

Blitz and Fabozziの2017年に発表された論文があります。


これら株式(sin stocks)のパフォーマンス(α)は

Fama-French 5ファクターモデルの

クオリティファクター(profitabilityとinvestment)によって完全に説明できるとし、

時間の経過やさまざまな市場において堅牢だとしています。

https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=3015690


「バリューファクター」や「クオリティーファクター」は、

「配当」や「増配」に大きな影響を与える要因なので、割と直感に理解しやすいかと思います。

タバコ株などが好きな方は、ここら辺のファクターについて学んでみるのもアプローチとしては、良いのかなと思います。



感想

私自身はS&P500を通じて投資をしているものの、

個別銘柄として、たばこ株やアルコール銘柄に投資をしたことはありません。


特に思い入れがあったり、詳しい業種というわけではないので、あまり大きな事は言えませんが、

投資を「する・しない」を考える時には、

感情や一部の意見、一時の株価だけを見て判断するのではなく、

質の高いデータを幅広く網羅した後、投資判断することが大切だと思います。


私もまだまだ知らない事が多いので、

もっともっと勉強を続けていきたいと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング