00
間違いなく、お勧めの一冊です。

帯や目次を見て予感はありました。

序文を読み、頷きました。

最後まで読み、確信しました。

「これは良い本だ!」と。


一言で言えば、

はじめて米国株投資をする時に「必要な情報が全部詰まった本」

初心者の方が「知っておくべき情報が幅広く網羅されている本」

米国株だけではなく「資産形成」についても考えさせられる一冊でした。

入門書として最適な一冊です。

「amazon」 世界一やさしい 米国株の教科書 1年生
「楽天」    世界一やさしい 米国株の教科書 1年生 



著者のはちどうさんについて。

「米国株ブログ」の大先輩で、私も大好きなブログ

アメリカ株でアーリーリタイアを目指す」の管理人はちどうさんが著した一冊です。


「米国株投資」と「不労所得の拡大」により、

〇経済的自由を達成するまでを記録するブログ

〇アーリーリタイアが可能だと証明するブログ

とブログ説明にあるとおり、

本書でも「米国株」を中心に、「資産形成」やご自身の「アーリーリアイア」についても記されています。


はちどうさんのブログから引用


これから米国株をはじめたい人、投資をはじめたい人、日本株だけでなく米国株運用もはじめたい、米国株ビギナーの方はせひ手に取ってみてください。

米国株投資によってゆっくりと、かつ最短距離で資産形成できることを願っています。


このコメントにはすごく共感がもてます。

当てはまる方は、本当に是非読んでみてください。


自己流でいろいろ調べるより、絶対に早いです。

また必要な情報を漏らさずに済むと思います。

へんなまとめサイトよりも明らかに上質です。



目次と内容と感想

当初は「良かった項」の感想でも書こうと思ったのですが、

どこにしようか選びきれないくらい良い項があったので(笑)

目次と合わせて紹介します。

特に個人的に好きだった箇所は太字にしました。


〇序文

[0時限]株や投資について知っておこう

01 そもそも「株」って何?
02 株はどこでどうやって買えるの?
03 株価はどうやって決まるのか?
03 米国株への投資で得られる収益は?

[1時限]米国株に投資すべき理由

01 力強い株価の上昇をしてきた米国株式市場
02 新陳代謝が激しく革新的な新規企業が生まれる
03 人材、富が世界中から集まり人口増加している希有な国
04 米国家計の金融資産が増える理由
05 公正で信頼度高く、買いやすくなった米国株
06 米国株投資には落とし穴ももちろんあります

【感想】
02 丁度私が最近興味を持って学んでいる箇所でした。
05 コーポレートガバナンスは見過ごされがちですが重要。
06 米国市場の長期停滞についても、しっかりと書いてある点を高く評価します。


[2時限]アーリーリタイアのための私の米国株投資スタイル

01 アーリーリタイアしたい! 米国株投資がそれを実現させる
02 米国株と会社からの収入を両立させる投資術
03 支出を把握・管理して、生活防衛資金を確保しておこう
04 簡単な取引記録で同じ過ちを防ぎましょう

【感想】
2時限目は、はちどうさん自身の話やアーリーリアイア、資産形成において大切なポイントがまとまっています。


[3時限]プロに負けないインデックス投資

01 ほったらかしのインデックス投資がプロの運用に勝てるのはなぜ?
02 インデックスの積立が究極の分散投資
03 資産の分散のしかたが最も大事! アセットアロケーション
04 投資信託のしくみと手数料の見極め方
05 ETFは株と同じように売買できる上場投資信託


[4時限]積立・長期投資を可能にする投資の考え方

01 複利は人類最大の発明!
02 長期投資に必須の積立投資 ドルコスト平均法
03 投資で使われるリスクとリターンの意味って?
04 米国株投資の期待リターンとリスクを調べてみよう
05 どれだけの損失に堪えられる? リスクの許容度はどれくらい?
06 長期投資ほどリスクが小さくなるのはなぜ?
07 コア・サテライト戦略で低リスクとリターンの両取り
08 積立投資はいつ解約すべき?
09 大暴落が来た! 逃げるか、継続するか?

【感想】
3~4時限目はインデックス投資や長期投資に関する基本がわかりやすくまとまっています。

個別株よりも先に、しかも多くのページ数を割いている点は良心的に感じました。初心者の方に特にお勧めの部分です。

またコロナショックについても触れられている事に驚きました(早すぎです)。



[5時限]米国の個別株やETFを買ってみよう

01 米国の会社ってわかりますか? 日本からはこうして買えます!
02 割安な企業を見つけるバリュー投資
03 IT系などの成長企業に投資するグロース投資
04 個別株投資で必須のテクニカル分析 株価チャートの基本
05 米国株の銘柄情報を調べてみよう
06 PER、PBR、EPSなどの指標で会社の業績、配当を分析しよう
07 キャッシュフローでお金の出入りを分析する

【感想】
02「バリュー株トラップ」や「SPYV」もそうですが、「個別株に迷ったらS&P500」という言葉に感動しました(笑)

05~07は米国個別株投資をする方なら全部覚えておくべき内容だと思います。

知識漏れがないかを確認するなど「再入門」にも最適な一冊だと思います。


[6時限]証券口座を開設して米国株投資を実践してみよう
01 米国株を売買できる証券会社を選ぼう
02 証券会社に口座を開設して米国株を売買してみよう
03 米国での配当への二重課税を取り戻そう

[7時限]つみたてNISA、iDeCoで長期の視点で積み立てよう
01 つみたてNISAに加入して米国株で運用しよう
02 60歳以降に受け取る個人年金をつくるならiDeCoを活用しよう

【感想】

6~7時限目は実践編ですね。

0から米国株投資を行う方でも、証券口座の選択から発注までスムーズに安心して取り組めるような内容になっています。


[8時限]米国株に必須の経済統計と使える情報源
01 景気がわかる、株価が動くさまざまな統計を覚えよう
02 先行・一致・遅行の景気動向指数と景気循環
03 金利、為替、株価、債券はこんな関係にある
04 米国株投資に役立つ情報源

【感想】
8時限目は米国市場や経済の基礎知識がまとめられています。

04ではバンガードのHPなども紹介されています(良心的)。

なお、私も一つ知らないサイトがあった模様(笑)。

その他

章と章の間にある「Episode」にもすごく良い情報が書いてあるので、

読み飛ばさず、しっかり目を通すことをお勧めします。

まとめ

読み手に優しい。見やすくて、わかりやすい。

情報の質が高く、新しい。

(参考文献一覧をみると、流石よく勉強していらっしゃるなあと感じます)

とにかく読者の方に「良心的」な一冊です。

0から米国株投資を始めたい方や初心者の方。

脱初心者を目指す方。

アーリーリアイアやFIREを目指す方には間違いなくお勧めの一冊です。


「amazon」 世界一やさしい 米国株の教科書 1年生
「楽天」    世界一やさしい 米国株の教科書 1年生 


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング