00
14日の米国株式市場は急伸。


2020年1~3月期の決算発表シーズンが本格的にスタートしました。

ダウ     +2.39%
S&P500    +3.06%
ナスダック  +3.95%

14日、米国株式市場は主要3指数が2~4%上昇。

初日はトランプ政権がロックダウン(都市封鎖)措置を緩和する可能性があるとの期待感が、

企業決算についての懸念を相殺しました。


米国経済活動再開へ向けた動き

14日、米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は、

トランプ大統領が、数日中に米経済活動再開に向けた指針について、重要な発表を行うと明らかにしました。

トランプ大統領は、先日米経済活動の再開時期は自身が決定すると表明。

一部地域では5月1日をめどに再開したい考えを示唆しています。

参照 「トランプ大統領、米経済再開巡り数日中に重要発表


一方、感染症研究所のファウチ所長は、米経済活動を5月1日に再開する目標は「やや楽観的すぎる」としています。

米経済再開、5月1日目標は「やや楽観的すぎ」



米国企業の決算について

〇ジョンソン・エンド・ジョンソンは急伸。

売上高・EPSは予想を上回りました。

2020年の通期の新ガイダンスは下方修正されましたが、四半期増収と増配が好感されました。


〇JPモルガン・チェースとウェルズ・ファーゴは下落。

貸倒損失に備え多額の引当金を確保したことで、利益は前年同期から大幅に減少しました。

新たな会計規則で、銀行は貸倒れを予測し、引当金を用意する必要がありました。

JPモルガンの貸倒引当金は前年同期より68億ドル増加の83億ドル。

Wファーゴも前年同期の8.5億ドルから38億ドルまで積み上げています。


また、JPモルガンのダイモンCEOは、決算発表後に

「米国経済は、少なくとも6月、7月または8月まではフルに再開できないだろう」

「国を支援するために、多少JPモルガンの収益が悪化しても構わない」

とコメントし、覚悟を示しました。



IMFの見通し

IMFの見通しでは、大半の国で新型ウイルスの感染拡大が第2四半期にピークに達し、下半期に後退することを想定しています。

「パンデミックが第3四半期を通して続いた場合」

世界の成長率が3%落ち込み、事業破綻や失業の長期化の傷が残ることから21年の回復は遅くなる。

「21年に再び感染が拡大、一段と規制せざるを得なくなった場合」

基本シナリオに基づいた21年のGDP見通しは5~8%低下し、世界経済が2年連続でマイナス成長となる。との懸念も示しています。


また、世界貿易機関(WTO)は2020年に世界のモノの貿易量が13~32%減ると試算。

世界金融危機のときよりも貿易は大幅に落ち込むとしています。

これらの指摘や可能性も忘れてはいけません。


まとめ

今後続いていく決算の内容や米国経済再開に向けたニュースにより、

株価は上昇(もしくは失望により下落)するかもしれません。


しかし、

未来は正確には誰にもわからないわけですから、

ジェットコースターのような日々のニュースに一喜一憂してはいけません。


個人的には特定のシナリオに賭けるのではなく、

資産のバランスを維持することが大切だと思います。

「全降り」も「人生の全てを賭けた勝負」も(止めはしませんが)あまりおすすめはしません。


市場や株価、先行きの予測がどうであれ、

①自身のリスク許容度と投資期間
②自身の投資目標

に合う、適切な資産配分を維持しながら投資すること。

つまり基本が大切だと思います。


私は株価が上昇しようと下落しようと

今月もいつもどおりバンガードS&P500ETF(VOO)に投資をします。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング