取引報告

3月25日 バンガードS&P500ETF(VOO)に投資をしました。

226.50ドルで12口、約30万円ほど購入しました。


今月も無事、予定通り投資を続けることができました。

来月も予定通り、

株価や市場がどうであれ、

VOOの保有数を増やしていきたいと思います。


現在のポートフォリオ

00

先月と・・・

というかここ数年何も変わらないので、

特にこれと言って話す事はないのですが。


市場環境や今後の見通し、その時の株価がどうであれ、

適切な資産配分を維持し、

航路と計画を守り、規律ある投資を続けたいと思います。



チャーリーマンガーの名言

マンガー、1995年、ハーバード大学での講演にて。

「理由を尊重するバイアス」は非常に強力で、

意味のない理由や間違った理由であっても、注文や要請を受け入れさせる効果は高まります。

このことは、心理学の実験(中略)からも分かります。

理由を尊重するバイアスのこのような残念な副作用は、理由の重要性を評価する姿勢が蔓延していることによる条件付きの反射です。

もちろん、コマーシャルや宗教の「説得の実践者」もさまざまなくだらない理由を大いに利用して、不相応のものを手に入れています。


完全なる投資家の頭の中──マンガーとバフェットの議事録」より引用


つまらない理由には意味がない

人から何かする理由を聞いたとしても、

「つまらないもの」が「素晴らしい物」に生まれ変わるという事はありません。

路上の物乞いですら、ボール紙にお金が必要な理由を書くことの効果を知っている。
私は知識もないのに自信満々で質問に答える人は寄せ付けないようにしています。

(1998年 チャーリー・マンガー)

私は不器用なので・・・

私は「説得の実践者」となって、

お金や人気を稼ぐことにはあまり興味はありません。

でも「投資の実践者」ではあり続けたいと思っています。


私は、ネットやSNS「そのもの」も苦手ですが、

市場や人気の話題に合わせて、(あれこれ理由をつけて)極端な主張をしたり、声を大きくあげ、騒ぎ立てるのということも苦手なので。

私のブログは、ネット習熟者が発信する、ブログやSNSと比べたら、見やすくも、あまり面白くもないかもしれません。


「投資の実践者」として身銭を切ります。

しかし、私はこれまでどおり、

何百・年千と最もらしい理由を並べるよりも

身銭を切り、

自らの主張に対してのリスクを自ら背負い


言葉ではなく、行動で愚直に示し続けていきたいと思います。



まとめ

何度も述べている通り、

現在の市場に対して私が最も大切だと思うのは、規律を守ること。

必要であれば、

適切にリバランスし資産配分を維持することだと思います。

私場合は、VOOへの投資をいつもどおり続けることがこれに当たります。


ボラティリティの高い株価や不確実性の高い市場に惑わされることなく、

不安や恐怖、混乱や喜びなど感情に惑わされることなく、

投資を続けることが大切です。


あと数か月もすれば、VOOに投資を始めて6年目を迎えます。

私は、これからも言葉ではなく、

行動と実践で、証明していきたいと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング