銘柄スカウター米国株が登場!

2月22日(土)よりマネックス証券 で、

銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」の提供が開始されます。(予定)

「過去10期以上の企業業績」や「長期間の配当履歴」、

「銘柄の比較」など、様々な機能があり、

米国株の分析・情報収集に非常に役立つと思われます。


気になる機能の紹介。

現時点で発表されている機能を簡単に紹介します。


①過去10期以上の企業業績をグラフ表示

前期比の増減率を表示したり、

10年前を100として指数化したりなど様々な表示機能を備えています。

00 
マネックス証券のHPより引用 ※開発中の画面のため実際の画面やデータと異なる可能性があります


②長期的な業績だけでなく3ヶ月ごとの四半期業績の推移も確認可能


③「配当」も通期や四半期データを表示
00


④銘柄比較機能


株価や時価総額等の基本情報だけでなく、PERや配当利回りなども「表」形式で比較できます。

銘柄を比較する時にとても便利だと思います。
00

いずれの機能も、

米国企業を調べたり比較する時に、すごく便利だと思います。


いろいろな手間が減ると思いますので、

時間や労力の節約になると思います。


投資判断をする際に大切なのは、

数字やデータを探すことではなく、

「考える事」ですから、

「作業」に費やす時間や労力は極力減らし、

できる限り「考える方」に力を注いだ方が良いと思います。

そういう意味で、本当に役立つツールだと思います。


ログイン後、誰でも無料で使えます。

銘柄スカウター米国株を利用するには

マネックス証券で「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」開設が必要です。


ただ、口座を開設さえすれば、

いつでも無料で使えますので、

米国株の情報収集のためだけにでも、

口座を作っておいて損はないと思います。


口座開設はこちらから

マネックス証券のHPへ 」

もちろん、口座の開設や維持・管理費はかかりません。



マネックス証券は米国株時間外取引ができます。

マネックス証券では、

立会時間に加えて「プレ・マーケット」「アフター・マーケット」含め、

最大12時間、米国株の取引が可能です。


突然のニュースや決算発表後の株価変動に対応可能ができるのが、

マネックス証券で米国株投資をする大きなメリットとなります。


時間外の大きな出来事に対応可能。

トランプ大統領や、

米国企業はマーケットが閉まった後に、

重大な発表をするが割とあります。


時間外取引が出来ない証券会社ですと

指をくわえて、翌日のマーケットが開くのを待つしかありません。


ピンチやチャンスを逃さない。


例えば、

マーケット終了後にネガティブなニュースがあり、

アフター・マーケットで、狙ってた銘柄の株価が下がり、配当利回りも魅力的になったとします。


そこで、その銘柄を買おうと思っていたら、

翌日の立会時間前に株価が戻ってしまった。

なんて、経験があるのは私だけではないはずです。


こういったチャンス(やピンチも)

時間外取引できるマネックス証券なら十分に対応可能です。


たった数%の違いかもしれませんが、

市場を少しでも上回りたいという、

アクティブな投資家の方にはこの差は大きいと思います。


米国「個別銘柄」へ投資する方におすすめです。

インデックス投資等を中心に資産形成をしている方には、

正直あまり関係ないとも思います。


ただ、もし昔の私のように、

米国株式市場の時間外の動きで、

苦い経験をしたことがある方は、

マネックス証券「も」利用する事を考えてみてもいいのかもしれません。


マネックス証券は、

米国「個別銘柄」投資をする際には、

外せない証券会社の一つだと思います。


〇マネックス証券の口座開設はこちらから

マネックス証券のHPへ


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


マネックス証券




「追記」

個人的に八戸市にゆかりのあるマネックス証券を応援しています。