八戸市の唯一残念な所

私は青森県の八戸市に住んでいます。

私にとって八戸市は、

田舎すぎず、都会過ぎず、ほどよく栄えており、

すごく良い街。


・・・なのですが、

一つだけ残念に思うことがあります。


八戸市の「投資本」事情。

それは、大型書店がない。

故の投資本の少なさです。

(あとサイゼリアがない)


私は実物を読んでから、

本を買うかどうかを決めたい派なので、

いつも悩ましく思っています。


それでも

最近は町の「八戸ブックセンター」や

各本屋さん(TSUTAYAやピアドウなど)は、

投資本を以前よりも多く置くようになったので、

数年前に比べたら、

少しマシな環境にはなってきていると思いますが・・・(まだ全然足りません(笑))。


ちなみに、八戸市の図書館にはランダムウォーカーが置いてたりもします。



盛岡や仙台の本屋はいいなあ

そんな感じなので、

私は昔からよく本を買いに盛岡や仙台に行っていました。


ちょうど、先週も盛岡に行く機会があったので、

盛岡市の本屋を何件か回ってみました。


こちらは盛岡駅のさわや書店さん。
00

水瀬ケンイチさんの「お金は寝かせて増やしなさい」を見つけました。


下の画像はモスビルのジュンク堂さん。
00

たぱぞうさんの「お金が増える 米国株超楽ちん投資術」を発見。


相変わらずの本の多さに、羨ましさを感じました。

特に、ジュンク堂では前回はなかった

「米国株」という仕切りができており、

一つの人気・流行のようなものを感じました。


目的のちょっと古い投資本は見つかりませんでしたが、

他に気になる本を見つけたりと、

なかなかおもしろい発見があった、

今回の本屋めぐりとなりました。

読み終えた後、書評などを書ればなと思っています。



「敗者のゲーム」の行方から学んだ事

少し話は変わり、

私はここ数年、友人など数名に「敗者のゲーム」を勧めたことがあるのですが、

結果は、

①大学時代の友人 読了 かなり理解

②幼なじみ  貸すも一切読まず 

③某経営者  読まないからと受取りを拒否

④母     本を読まないと受取拒否

⑤母の姉   本を読まないと受取拒否

(以前、勧められるまま買った個別株で損したことがあり投資にかなり否定的)

➅中学の同級生 本を読まないと受取拒否


⑦⑥の彼氏  投資に興味があるも本を読まないと受取拒否。


でも、

あやしい50万円のUSBには興味があり買う気満々だった模様

おそらくこれの前のバージョン「怪しいUSB」 

大筋はほぼ同じ、内容は先物をうんぬん

⑥に相談を受け全力でとめる・・・・


まあ、話ぜば長くなるので、⑦の話はおいておくとして、

私がこの「敗者のゲームの行方」から学んだ事は、

(例え、投資や資産運用に興味があっても)

本を読んだり、物事を調べる事をめんどくさがる方が結構いるという事です。


サンプル数が少ないので、

たまたま私の周りだけがこうだった。

というのであれば、

ただの杞憂という事でいいのですが・・・


本を読むのが嫌いな人へ
人が発見した最高の知恵を習得する事も有効です。

すべてを自分一人で考え出すことはできないと思います。

そこまで頭のいい人はいません。

チャーリー・マンガー (1998 スタンフォードでの講演より)

「本」と表現しましたが、

本に限らず、その他の媒体にも当てはまると思います。

(私が筆者の血肉やプライドが、一文一文に感じられる本という媒体が好きなだけです。すみません。)


そもそも文字を読むのが嫌い・苦手な方がいます。

情報を調べたりする事を手間に感じる方もいます。


でも、実は、

めんどうに思える読書、文字を読むという行為。


もっと広く言えば、

「他人から知識や何かを学ぶ」という事は、

自分一人で0から何かを考えるより遥かに楽で、

合理的かつ効率的な方法
だと私は思います。


他の人の間違いから学ぶ方がはるかに楽です。


人生で出会った様々な分野の人達の中で、

あまり本を読まないのに賢いという人に出会ったことがありません。一人もです。

ウォーレンも私も驚くほどにたくさんの本を読んでいます。



読書を通じて、生涯、学習を続けてください。

好奇心を育て、毎日少しずつ賢くなるために努力するのです。


チャーリー・マンガー(バークシャーの株主総会より)

私見

人類の歴史を振り返れば、

ほとんど期間、ほとんどの地域において

自由に情報にアクセスできたのは

一部の特権階級、権力者、

もしくは、ものすごく豊かな国の最も栄えた都市に住む、ほんの一部の幸運な人くらいのものでした。


それが、現代の日本では、

本でも、それ以外の媒体(ネットや動画)でも、

どんな形であれ、

その気になれば、誰でもいくらでも、

情報にアクセスして、自由に学ぶことができる

とても素晴らしい時代となりました。


「なぜ、学ばないんだい?」

・・・・とまでは言いませんが、学ぶ事は大切です。


もし投資に興味を持ったなら。

まずは学びましょう。

自分の学びやすい形でいいですから。

自分の知らない事を知る事にこそ価値があると私は思います。

そして考える。また学ぶ。


世の中には自分の知っていることより、

知らない事の方が多いわけですから、

結局は死ぬまでこの繰り返しだと思います。


最後はマンガーの言葉で閉めましょう。



一番大切なことは、

そこから生まれる情熱や強みです。

私は能力よりも情熱の方が大事だと思っています。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング