バンガードS&P500ETF(VOO)に投資をしました。

2020年1月24日、SBI証券のNISA口座にて、

バンガードS&P500ETF(VOO)を9口ほど購入しました。

1口あたり、303.00ドルで約定しました。

00


9口×303.00ドルで 計2727ドル。

日本円で約30万分ほど追加投資をしました。


今月もいろいろなニュースが市場を騒がしていますが、

特に気にすることなく、

VOOへの投資を続けていきたいと思います。 



手数料も節約・節約。

今月もSBI証券のNISA口座を利用したため、買付手数料はなし。

また、SBI銀行の外貨預金セールを利用したので、

ドル転時の為替コストもなし(0銭)となりました。

わずかな差とはいえ、本当にありがたい限りです。


「補足」SBI銀行外貨預金セールについて

米ドルの買付時の手数料が0銭となる外貨預金セールは、

2020年2月28日(金)17:00約定分までとなります。


来月末までとなりますので、

SBI証券をご利用の方はこの機会を有効に活用していきましょう。


詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

http://etfsp500.com/archives/21517546.html


初の300ドル越えでの購入!

00
VOOの5年チャ―ト


前回VOOを購入した時は、

1口 295.89ドルでの約定でしたから、

今回、初めて300ドル以上でVOOに投資をしたことになります。


VOOに投資を始めて約5年になりますが、

ほんの3~4年前(2016年頃)までは、

VOOが200ドルを越えたら、ものすごく高いように感じていました。

(それ以前は、20万円もあればVOOが10口買えたものです。)


その後、

210ドル、220ドルと史上最高値を更新していき、

何度か下落するときはあったものの、

気がつけば300ドルを超え、

最高値305.92ドルをつけるまでとなりました。



VOOの運用を振り返って

これまでを振り返って

私が一つ良かったと感じるのは、

高く感じた時も、下落した時も、

規律を保ち、VOOに投資を続けたことだと思います。

あとは特に大したことはしていません。


「債券や株式の価格は常に変動するものである」という当たり前の事を

忘れないようにして今後も投資を続けていきたいと思います。


来月もVOOに投資をします。

どんな優れた計画や戦略でも、実行しなければ意味がありません。


市場環境の変化や自身の感情、

動きたいという衝動などに負けないよう、

常に長期的な視点としっかりとした自制心を保って

投資を継続することが、

S&P500投資においては大切
だと思います。


マーケット・タイミングの魅力にとりつかれたり、

パフォーマンスを追求する誘惑にかられることなく、

今後も今まで通り、

バンガードS&P500ETF(VOO)に投資を続けていきたいと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング