00
アインシュタインの名言


今回は、なぜか一部の投資家に大人気の、

理論物理学者アインシュタインの名言をいくつか紹介したいと思います。

価値あるものすべてが数えられるとは限らない。

数えられるもの全てに価値があるとはかぎらない。

アインシュタインは、数学を絶対的に信じていたかと言えばそうではありません。

定量化の限界(計算するだけで宇宙の仕組みがわかると考える危うさ)なども指摘していました。

これは、投資にも同じことが言えると思います。


数学は役には立つ。

一つ、誤解しないで欲しいのは、

数学が全く役に立たないと言っているわけではありません。


数学は周知の通り、

人類の生活の向上や技術革新に大きな役割を果たしました。


飛行機も、新薬も、橋やダムにも、安定した電力や農作物供給なども、

数学がなければ、ただの「人の夢」で終わっていたと思います。


そして、今もなお経済や株式市場では、

数学を使って、未来を現在の統制下に置こうと努力が続けられています。



数字を妄信し過ぎてはいけない。

数学は間違いなく重要ですが、

計算できないものが、重要でないとも限りません。

むしろ、未来や株式市場においては、

計算できないことの方が多いと私は思います。


数学は重要なツールの一つではあるものの、

現実の一部を映し出し、また未来をぼんやりと映し出せる。

現時点では、そのくらいの力しかないと私は思います。

(あくまで個人の感想です)


意見を持つのは良い事
偏見のある社会環境で、冷静な意見を述べられる人は限られている。

それどころか、意見を持つことさえ出来ない人がほとんどだ。

アインシュタイン
私は、いろいろな意見があって良いと思います。

もちろん投資においても同様で、

自分で考え、経験し、学び、自分の意見を持つ事は素晴らしい事だと思います。


ただ、できれば、

ある意見に偏見を持ったり、冷静さを欠いたりする事なく、

自分の意見を持ち続づけて欲しいと思います。


最後にもう一つ
数学を難しく思えても気にする事はない。

そう思っているのは、私の方なのだから。
数学を極めるのは、アインシュタインをもってして、難しい物のようです。

そして数字で計れない要素も市場には溢れています。


投資を難しく思えても気にすることはない。

そう思っているのは、私の方なのだから。

(りんり)

初心者の上級者への道のりは、己が下手さを知りて一歩目

私は、アインシュタインより、

はるかにIQが低く、数学的な能力も大きく劣っています。


そして、株式市場への投資をものすごく難しく感じています。

(だから、インデックス投資をしていたりもします。)

でも、これらは特に気にしていません。

賢い人にとって良い方法でも、私ができるとは限らないからです。


私は、自分の「能力」と「考え」「リスク許容度」等に、

見合った投資をこれからも続けていきたいと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング