00
「歴史は繰り返さないが、韻を踏む」

ジャック・ボーグル。ハワード・マークス。レイ・ダリオ。シラー。

そしてバンガード社。

米国株の次の10年は、過去10年と違う物になると、

著名な投資家等は予想しています。


でも、思い起こせば、

それまでの10年と次の10年が全く同じだった事は、S&P500にだってありません。


わけ入りし 霞(かすみ)の奥も 霞かな

「わけ入りし 霞(かすみ)の奥も 霞かな」

未来はわからなくて当り前の事だと思います。

問題は「その未来にどう備えるか」だと思います。

(少なくとも、無策、無防備、ノーガードは賢明とは言えませんよね)



逆説的に考える

未来やリスク(変動幅に限らない)にどう備えるか。

方法はいろいろあると思います。


個人的な意見なのですが、

「未来に備えるために○○をしよう」という事と同じくらい

「未来に備えるために、○○をしないようにしよう」

と、逆説的に考える事も大切だと思います。

わかりやすい例だと、「無駄遣い」とか「リボ払い」とかがそうですね。

投資で言えば、「生活防衛費を崩して投資をする。」「高コストの商品に投資をする」などがあげられます。


先にやってはいけない事を決める

「新しく何かしなければ」と考えたり、

新しい事を始め、それを継続するより、

「やってはいけない事」を決め、それを守るほうが少し簡単かもしれません。

(少なくとも私の場合はそうです)


そうやって、ダメな事。余分なものを取り除いていくと、

最後には、本当に大切な事、重要な事しか残りません。


逆説的な目標をたて、未来に備える事は、

失敗や間違いを防ぐとともに、

本当に大切なものが何か気づくきっかけになると思います。


基礎・土台が大切

新年の目標や投資戦略をたてる時も

「してはいけないこと。」「やるべきではないこと」を先に明確にすると、

より洗練された目標や計画が立てられると思います。


私の場合は

〇市場全体をカバーするポートフォリオから離れない。

〇タイミングを探らない。

〇自分がされて嫌な事は人にしない。

などがパッと思いつきました。


してはいけないこと。やってはいけないの多くは、

実はほとんどの人は既に知っています。

だけど、意外と忘れてしまったり、実行できていなかったりします。

まずはしっかりと足元を固めて、

未知の未来に備えていくことが大切だと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング



松井証券【季節】