00
ニフティ・フィフティ―

1960年代後半から1970年代の初めにかけて、

ニフティ・フィフティ(素敵な50銘柄)と呼ばれる米国の50の優良銘柄に、

投資家の人気が集中し、その後暴落したという事例があります。


素敵な50銘柄の一部を紹介

コカ・コーラ、ペプシコ、フリップモリス、ファイザー、メルク、ブリストル・マイヤーズ、ジョンソン&ジョンソン、P&G、ウォルトディズニー、アメリカンエクスプレス、マクドナルド、ゼロックス、IBM、ポラロイド、JCペニー、コダック、GEなどなど・・・・

これらの銘柄に、プロ・アマ問わず、米国の多くの投資家が熱狂しました。

日頃から親しみのある質の高い企業への投資は、

一般投資家にもわかりやすく、安心感や心地よさも与えました。

今の日本の投資家にも馴染みのある銘柄も含まれていますね。

ニフティ・フィフティ株におけるリスクとは・・・

ニフティ・フィフティ株におけるリスクとは・・・

「過剰に金を払うリスクではなく、それらの株を保有しないリスクである」

という名言も生まれました。

ピークだった1972年12月時点で各企業のPERは

ポラロイド    96倍
マクドナルド 80倍
ジョンソン&ジョンソン 57倍
ウォルトディズニー   71倍

という具合で、50銘柄の平均PERは40倍を超えていました。


いつか終わる夢。

その後、1973年~1974年にかけて、

市場が弱気に傾いた時、この50銘柄は一気に暴落しました。

50銘柄のうち27銘柄は高値から84%も下落。

1972年末のPER上位10銘柄のうち、

2005年時点で、S&P500指数を上回っていたのはジョンソン&ジョンソン一社だけとなりました。


分散投資とバイ&ホールドの力

ニフティフィフティへの投資は、必ずしも失敗に終わった訳ではありません。

50銘柄に均等に分散投資して、バイ&ホールドしていれば、

20年後(1993年時点)のリターンは、倒産した企業を含めても、S&P500指数を1%下回る程度。

30年後のリターンはS&P500を0.5%下回るだけでした。


(均等配分を維持するためのコスト・税金等は考慮されていないため、実際にはもう少し下回りますが・・・)

ニフティフィフティの話は、

人気があり、高すぎるバリュエーションの株への投資のリスクを学べるともに、

分散投資とバイ&ホールドの力を再確認できる良い教訓だとも思います。


個別銘柄で見た場合

シーゲル教授著「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

51ページにあるように、

この時PERが比較的低かった(20~30倍)グループの中には、

S&P500指数を上回る企業も見られました。


11/50

しかし、20年後(1993年の時点)

50銘柄のうち5銘柄は完全に紙くずとなり、

20銘柄は安全な90日物のTビルから得られるリターンを下回り、

「補足」Tビルとは、米財務省発行の債券(米国債)で、償還期限が1年以下のもの。

S&P500指数を上回ったのはわずか11銘柄と言う結果になりました。


11/50という数字をどう見るかは人によって違うと思います。

私は、20年後にS&P500指数を上回る銘柄群を選択し、ポートフォリオを組む自信がないので、

素直にS&P500に投資を続けようと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング