00
米バンガード56のETFの経費率引き下げ。


昨晩、米バンガード社がこんな嬉しいツイートをしてくれました。

「Google翻訳」

気付かないうちにお金を節約しているかもしれません。

最近経費率を下げた56のファンドをご覧ください。

言い回しが素敵だったので笑。そのままGoogle翻訳を載せておきます。



先日米バンガード社は、VTなど56のETFの経費率引き下げを発表しました。

詳しい内容については、以前書いた記事をご覧下さい。

【バンガード経費率引き下げ】VTは0.08%へ。楽天VTなども引き下げか




日本でも22本のETFの経費率が改定されました。

そして、本日バンガード・インベストメンツ・ジャパンも

22本のETFの経費率の改定を発表しました。

(米国時間2019年12月20日付)

詳しくはバンガード・インベストメンツ・ジャパンのHPをご覧下さい。

バンガードETF®経費率改定のお知らせ(米国時間12月20日付)


改定となるETFは以下の通りです。()は改定前

00

経費率とは、ファンドの平均資産残高に対する、運用その他の経費の比率(%)です。
原則として毎年決算日に見直され、変動します。


株式ETFは元々やや高めだった、ラッセル指数に連動したETFや

S&P500バリュー/グロース・S&Pミッドキャプ(中型)S&Pスモールキャップ(小型)等が引き下げられています 。

債券ETFは、米国債や米国社債など、米国債券投資をしている方にとっては地味に嬉しいラインナップだと思います。

個人的には、VIOGの0.16%という所にバンガードらしさを感じます(笑)。

他のETFについては続報をお待ちください。

感想

それにしても、相変わらずバンガードはすごいですね。

投資家にとって、運用コストが公正に下がる事は、本当に喜ぶべきことだと思います。


創業者のジャック・ボーグル氏が亡くなってから、

もうすぐ一年が経とうとしています。

ボーグル氏なき今も、彼の残した哲学や文化は、

バンガード社の中に、今なお生き続けていると私は確信しています。


いつも、個人投資家に低コストで最良の投資機会を提供して下さる、

バンガード社には本当に感謝の念が堪えません。


バンガードの皆様の日々の努力に感謝しつつ、

これからもVOOへの投資を継続していきたいと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング