00
運用報告


本日iDeCoの今年6月~12月の7か月分の掛け金が、

無事銀行口座から引き落とされていました。


今年から手数料節約のため、

12月にまとめて一年分を払う「年一回払い」に設定したのですが、

何分初めての事だったので、

これで本当に大丈夫だろうかと、少しドキドキしていました(笑)

無事拠出を終えることができてホッとしています。


2018年7月から全額「楽天VTI」に投資をしています。

私がイデコを始めたのは、2018年7月からとなります。

最初は特に投資したい対象がなかったので見送っていましたが、

「楽天・バンガードシリーズ」が対象となったことなどをきっかけにiDeCoを始めました。


2018年7月以降、全額楽天VTIに投資をしており、

2019年も変わることなく、拠出限度額いっぱい「楽天VTI」へ投資をしました。

来年もこのまま継続していこうと思います。


去年の12月はマイナスでした。

資産の推移を確認してみると、

2018年の10月~19年2月までは含み損(最大約1.9万ほど)でした。

当時も、そして含み益が出ている今も、特に気にすることなく投資が継続できているので、

今後もこの調子でiDeCoを続けていきたいと思います。


私はイデコのページを開くことがまずありません。

今日数か月ぶりに開きましたがそのくらいで(もっと少なくても)いいと思っています。


年一払にした感想・理由


年一払いにした一番の理由は、

単純に年1,155円(105円×11カ月)の手数料の節約です。

(イデコって地味に手数料がかかるんですよね)


年一払いのデメリットと言われている「ドルコスト平均法の放棄」についても、

私の場合はイデコ以外でも米国株式市場に投資をしているので、資産全体で見れば特に問題はない考えています。




自分に合ったスタイルで制度を利用しよう

とはいえ、私は全ての人に年一払いを勧めるつもりはありません。

毎月でも、二ヵ月に一回の拠出でもいいと思います。

何よりも、自分に合ったスタイルで「制度を利用する事」が大切だと思うからです。


拠出金の管理(年一回の拠出)が難しい方や、

ドルコスト平均法を重視する方は、

私の事など気にせず、自分に合った、自分の投資を貫くべきだと思います。

(イデコをやならいという選択肢も含め)


ただ、繰り返しになりますが、

せっかく拠出を始めたのなら、願わくば株価の変動などに惑わされることなく、

最後まで続けて欲しいと思います。


最後となりますが、

イデコが個人投資家にとって、もっと使い安く、もっと安心して利用できるような、

よりよい制度になってくれればなあと思います。

関係各省庁の皆様どうかよろしくお願いいたします。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング