00
初期のバフェットの株取引


初期のバフェットの株式の取引をまとめてみました。


一つ一つにエピソードや学ぶべきことがあり、

全て書こうとすると、とてもじゃない量になるため、

今回はあえて「数字だけ」をまとめてみました。


まずは、投資した期間、売買価格、利益など、

バフェットの紡ぎだした数字を味わって頂けたら幸いです。


「注意」

これが全ての取り引きではありません。

また、ガソリンスタンドや債券など株式以外にも投資をしています。

数字はドル表記になります。また、インフレ・税金等は考慮していません。


バフェット11歳 初めての株取引

シティ・サービス  +5.25ドル

取得 1941年 114.75ドル 
売却 1941年 120ドル


投資家バフェットの歩んだ道

ガイコ  +4,977ドル

取得 1951年 10,282ドル 
売却 1952年 15,259ドル


ロックウッド&カンパニー +1万3000ドル

取得 1954年 さまざま
売却 1955年 さまざま


デンプスターミル +230万ドル

取得 1956年 99万9600ドル
売却 1963年 330万ドル


サンボーン・マップス 約+50%

取得 1958年 約100万ドル
売却 1960年 複数の会社の株式と交換 
 

バークシャー・ハサウェイ +数千億ドル

取得 1962年 14.86(1株当たり)
売却  ー


アメリカンエクスプレス +2000万ドル

取得 1964年 1300万ドル
売却 1968年 3300万ドル


ディズニー +220万ドル

取得 1966年 400万ドル
売却 1967年 620万ドル


ホクスチャイルド・コーン ー80万ドル

取得 1966年 480万ドル
売却 1969年 400万ドル


この時期のバフェットは、グレアム流のバニュー投資をベースに割安な企業(小型株が多い)へ投資をしていました。

数年単位で売却しているのも特徴的ですね。



ナショナル・インデムニティー・インシュアランス +数十億

取得  1967年  860万ドル
売却   -   ー


アソシエイテッド・コットン・ショップス  不明

取得  1967年  600万ドル
売却   ー   1970年代にバークシャーが吸収 


ブルーチップスタンプス   +数億ドル

取得  1968年  300~400万ドル 
売却   -   バークシャーの一部へ


イリノイ・ナショナル・バンク 3200万ドル以上(配当込)

取得  1969年  1550万ドル
売却  1980年  1750万ドル


オハマ・サン・ニュースペーパーズ 不明(損を出している)

取得  1969年  125万ドル
売却  1980年  (不明)


シーズキャンディーズ +20億ドル以上

取得  1972年  2500万ドル
売却  -    バークシャーの一部に


ワシントンポスト 
+数億

取得  1974年  1060万
売却   -   複数の会社の株式と交換 


データ参照 ウォーレン・バフェットはこうして最初の1億ドルを稼いだ――若き日のバフェットに学ぶ最強の投資哲学より


徐々に投資の質が変化していることがわかりますね。

バフェット本人の言うように

あくまで、ベースにあるものはグレアムのバリュー投資ですが

フィシャーやマンガー等他の投資家や、企業の経営者との出会いや、

自身の経験、運用する金額などに伴い、

その投資手法は変化(進化)をしていきました。



まとめ

1957年~68年のバフェットパートナーシップのリターンの累計は+2610.6%

平均年率リターンは、31.7%でした。

(1969年 BPLパートナーの手紙より)

ちょっと意味がわかりませんね(笑)。


2019年の日本にこんな新人投資家が表れたら・・・と

想像してみるとちょっとおもしろい事になりそうですよね。

(あくまで想像ですが)


ただ、バフェットの旅路はこれで終わりではなく、

ここからさらにスノーボールは加速していきます。


私はバフェットの投資術(個別株式投資)を真似するのは

大分前に諦めましたが、

その人生哲学や90歳近くになってもなお投資を学び続ける姿勢は

見習いたいと思っています。


私も、偉大な先輩投資家様方に多くの事を学び、

また、心からの敬意と尊敬の念を抱きつつ、

しっかりと自分の道を歩いていきたいと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング