00
トビアス式・投資術
たいていの年、たいていのアマチュアやプロに勝つ最も簡単な方法は

次にあげるバンガードのファンドの一つのような

経費が安いインデックスファンドを買うことだ。

トビアスが教える投資ガイドブック」より引用



全米で100万部を超えるベストセラーとなり、

20年以上にわたって根強い人気を誇っている資産管理の入門書

トビアスが教える投資ガイドブック」の著者アンドリュー・トビアスは

低コストのインデックスファンドへの長期投資を以下のように評しています。

考えてみれば驚く事ではないか?

電話一本で定期的に投資をする癖をつけるだけで、

プロのファンドマネージャーのほとんど、そしてあなたの知り合いのほとんどを、

これから一生しのぐことができる。

トビアスお勧めの運用会社

私とトビアスには、

バンガード社の低コストのインデックスファンドが大好きという共通点があります。


ちなみに、トビアス氏は「バンガード」の他に

「TIAA-CREF」「トウィーディー・ブラウン」「アメリカンセンチュリー」

計4つの投信会社を勧めていました。


4社とも、明確な理念を持ち、誠実で、経費が安い。

今後数十年間は良い選択になる。

とのことです。


ただ、日本に住む投資家目線で考えると、

やはりこの4社の中では「バンガード」が

アクセスしやすく、かつ低コストでいいのではないかと思います。


ちなみにトピアスも私(りんり)もバンガードとは一切金銭的なつながりはありません。



トビアスは国際分散を勧めています。
もっといいのはそれ(低コストのインデックスファンド)を二つにする事である。

一つはアメリカの株式に投資するもの。

もう一つは海外に投資するものを選ぶ。

トビアス氏は米国人に米国外(全世界)へ幅広く投資をすることを勧めています。

参考までに。


最後に

トビアス氏は、著書の中で

多くのページを割いて、

「節約」「お金の使い方」「貯め方」「節税や制度」

の大切さを訴えていました。


入門書という事も有りますが、

「さあ、リスクをとろう」となるのは、

全10章中、後半も後半、第7章です。

(投資の話題自体はちょこちょこ出てきますが・・・)


資産運用を始める際には、

まずは、節約や貯金、正しいお金の使い方など

基本中の基本である「お金の管理」を

しっかりと見直すことも大切だと思います。



↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング




楽天バンガードシリーズもおすすめです。

楽天証券