00
日経新聞 つみたてNISA延長へ いつ始めても非課税20年 より引用


つみたてNISA 改善へ

政府・与党は、

いつ始めても、20年間非課税で積み立てができるようにするため、

2037年末までのつみたてNISAの積立期間を延長する方針を固めました。

年末の20年度与党税制改正大綱に盛り込まれるとのことです。

「毎日新聞」 つみたてNISA 期限を延長へ いつ始めても20年間非課税


つみたてNISAの問題点

投資可能期間は2018~2037年となっており、

例えば、2019年から始めた人は2037年までの19年間

(最大760万円)しか非課税枠が使えないという問題がありました。

極端な話2037年に始めた方は40万しか非課税枠が使えませんでした。


今回制度改定が実現すれば

2037年までにつみたてNISAを始めれば、

いつはじめても非課税枠が800万円つかえるようになります。



今後の方針

私は現在一般NISAでVOOを購入しています。

来年以降も一般NISAを継続し、その後ロールオーバーも使っていく予定です。


ロールオーバーの期間が終了した後は、

(このまま一般NISAの恒久化がなければ)

つみたてNISAに切り替えるつもりでした。

その際は、先程書いた通り、

つみたてNISAの非課枠が少なくなることを覚悟していました。


しかし、今回の制度改定が実現され、

いつ始めても、20年間非課税で積み立てできるようになれば

一般NISAの非課税枠600万に加え、

つみたてNISAで800万程、さらに非課税で積み立てることができるようになります。


ただ、その時の私の年齢や

そこから「少額」を「20年積み立てる」ということを考慮すれば

今まで以上に「幾何平均」やリスク調整後のリターン、ボラティリティなどを意識してファンドを選ぶかもしれません。

(おそらくバンガードの)


今後も制度改正や

新しい商品の登場、現ファンドの改善(改悪)などもあると思います。

まあ、まだ時間はありますし、

慌てずゆっくり考えていきたいと思います。


一般NISAのロールオーバー終了時点でどうなっているかわかりませんが・・・

今よりも投資環境が更に改善されていることを祈りつつ

今はコツコツと投資を続けていきたいと思います。



↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング




楽天証券