00
2019年、米国ではアクティブファンドが大苦戦


2019年10末時点で、

米国のアクティブ運用の株式ミューチュアルファンドの

運用成績上位20本のうち、17本のファンドが

年初来のリターンで、S&P500指数の23.2%を下回る運用成績となりました。


S&P500指数に勝った3本のファンド

年初来のリターンで、S&P500指数に勝ったのは以下の3本です。

〇フィデリティ・グロース・カンパニー・ファンド(FDGRX) 
〇バンガード配当グロース・ファンド(VDIGX)    
〇Tロウ・プライス中型株・グロース・ファンド(RPMGX)  


各ファンドの2019年11/19日時点の年初来のリターンは、それぞれ

FDGRX   30.34% 
VDIGX    27.14%
RPMGX  26.66%

となっており、

現時点でもバンガードS&P500ETF(VOO)の年初来リターン26.66%と

同等、もしくは上回る成績を維持しています。(ブルームバーグ参照)


この3本は、過去5年の成績もS&P500指数を上回おり、

「FDGRX」と「RPMGX」は過去10年の成績でもS&P500指数を上回っています。

(ただし、この2本のファンドは現在新規投資家の受け入れをしていません)



米国でも上位のアクティブファンドは健闘しているが・・

今年の成績上位20本のファンドのうち

9本は過去5年間で、7本が過去10年間という期間で

S&P500指数を上回っています。


これらのファンドは、十分に健闘していると思います。

アクティブファンドが市場(S&P500等)に、

絶対に勝てないというわけではありません。


ただ、それ以外のほとんどのアクティブファンドが、

S&P500指数を下回っているということも、また事実なのです


そして過去の成績は、将来を保証するものではありません

投資家は数あるアクティブファンドの中から、

これらたった数本の勝ち組ファンドを、事前に見つけ出すことができるのでしょうか?

それまで上手く行ってたファンドも、

今後、上手く行かなくなり成績が悪化していく可能性もあります。


米国の投資家の方々も重々承知

もちろん米国の投資家の方々も、

こうした意見は重々承知のようで

運用成績上位20本のうち、今年資金の純流入が増えたのはわずか5本のみ。


モーニングスターによれば、勝ち組ファンドである

FDGRXからも過去3年で160億ドルの資金が流出。

RPMGXからも過去3年で36億ドルの資金が流出しています。


投資家がインデックスファンドやETFを好むようになった事に加え、

先行きを懸念していること(リスクオフの姿勢)も流出を促している原因かと思われます。

いずれにせよ、米国では(良い成績を残していても)アクティブファンドからの資金の流出が続いています。


個人投資家はインデックスファンドの方がいいのでは?

追加リスクをとり、労力をかけてまで、

「長期的に市場平均に勝つアクティブファンドを選択する」

という、低い確率に賭けるよりは、


S&P500指数に連動するような、

伝統的なインデックスファンドに投資をする方が

普通の個人投資家にとっては合理的なように思います。


私は今後もブレることなく

バンガードS&P500ETF(VOO)へ投資を続けていきたいと思います。



↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング




楽天証券