15日の米国市場は上昇


00


 VOOの終値は274.51ドル。S&P500指数は約1%上昇しました。

決算発表が始まり、好業績銘柄が大きく上昇、マーケット全体をけん引しました。


特に昨日注目されたのはこの二銘柄です。

ユナイテットヘルス +8.16%
JPモルガンチェース +3.01%(過去最高値更新)


ユナイテットヘルスだけで、ダウ平均が100ポイント近く上昇する場面も見られました。

決算が悪かった「ゴールドマンサックス」ですら終わって見れば+0.31%となりました。

日本人投資家に人気の「ジョンソンエンドジョンソン」も決算はよく+1.62%となりました。


各銘柄のホルダーの皆様、おめでとうございます。


ブルームバーグは以下のように報じています。



決算良好でS&P500種が約4週ぶり高値

米国債は下落、リスクオンに押される。10年債利回り1.77%
NY金先物は反落、米企業決算良好でリスクオン


S&P500指数に関しては、

「たった一か月ぶり、たった1%の上昇やん」とツッコみたくなりますが・・・(笑)

それにしても毎日毎日いい見出しをつけますね。

米国債や金は下げたようで、

このように市場の空気といいますか、論調はたった数週間でコロコロ変わります。

大切なのはそれらやミスターマーケットに流されて、

コロコロと資産配分を変え、高値買いの安値売りを繰り返さないこと。

摩擦コストを増やさないこと。

感情に流されず、合理的な判断を貫くことだと思います。


決算やニュースを見る時のポイント

わかるけれど重要じゃない事もあります。

そういう点に興味を持っても仕方ありません。

何がわかるのか?わかる事の中で重要な事は何か?

決算を見る時にはそういう点にに気をつけていきたいものです。




S&P500(VOO)投資家と四半期決算

私はS&P500ETF(VOO)をつかってインデックス投資をしているので、

多分他の米国投資家の方に比べて、あまり四半期ごとの決算は気にしない方だと思います(笑)


正直、S&P500やVTI等のインデックスに投資している方は、

米国企業の四半期ごとの決算を見る必要はないと思っています。


ただ、私個人としては決算発表を見るのは好きです。

より知識を得たいという気持ちと、個別株投資をしていた頃の名残ですね。

決算を見ることによって投資方針が変わる事は絶対にないので、無意味なような気もしますが(笑)


マクロtoマイクロ マイクロtoマクロといいますか・・・

今後も両方の視点からから日々勉強をしていきたいと思います。


まとめ

私は水の流れを予想しません、またできません。

予想したりや周りに合わせたりする事よりも大切なのは

どんな流れの中でも沈まず、泳ぎ続けることです。


そんな資産配分(ポートフォリオ)と感情に流されない規律ある投資行動を心がけ、

決算内容や米中問題、各ニュース等に手のひらをクルクルさせるようなことはせず

バンガードS&P500ETF(VOO)に投資を続けていこうと思います。



↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング


米国四季報最新号も発売中