00

フォーエバー21


FOREVER 21は、カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置く、米国の大手ファストファッションストアチェーンです。

トップスは19ドル90セント(約2100円)
スカートは17ドル90セント(約1900円)

といった具合で

「安くておしゃれなアイテムが揃う」と若者の心を掴んできたフォーエバー21でしたが、

29日(日)に連邦破産法11条の適用を申請したと発表しました。


日本でも展開

2009年4月1号店が原宿・明治通り沿いにオープンしたのを皮切りに、日本でも続々と店舗展開をしていたのでご存知の方も多いかと思います。

H&Mと並びファストファッションの旗頭として一世を風靡しました。

その一方で、売り上げのピークは13〜14年頃で、以降は頭打ちになり、15年以降は店舗を増やしても売り上げが伸び悩み、16年以降は不振店の撤退など売上減少に苦しんでいました。

青森県八戸住まいの田舎者であるりんりは、

一度も店舗を訪れる事も、実物を触る事もなく、永遠にフォーエバーしてしまうことになりそうです。




フォーエバー21の問題。

労働問題、環境問題等でいろいろ叩かれていたフォーエバー21でしたが、

最大の敵はアマゾンなどの電子商取引の台頭です。

2017年以降、シアーズやトイザラスなど、米小売店20社以上が破産法適用を申請しています。


その一方で、好調な決算を残したナイキのような企業もあり、

小売り業界は勝ち組、負け組がはっきりとした構図となってきています。

ナイキはネットでの直接販売に力を入れるとともに、アスリートやインフルエンサー、SNSなどを使った広告・イメージ戦略、販売戦略が功を奏しました。

小売り業界はどのようにネット時代を生き残っていくか変革を求められています。

感想

バフェット第二の師匠フィリップフィッシャーは

著書「保守的な投資家ほどよく眠る」 の第一章で

保守的な投資の要素として以下の4つをあげていました。

1.低コスト生産(生産における優位性)
2.強いマーケティング組織
3.卓越した調査と技術的取り組み
4.ファイナンシャルスキル

現代では以前よりも激しい競争の元、より高度な次元でこれらが求められているのかもしれません。

また、個人的には第5の要素として、「IT戦略」を付け加えても考える必要もあるかとも思います。


いずれにせよ、競争が激しく、栄枯盛衰の代名詞ともいえる「小売業」や「一般消費財・サービスセクター」の中で、5年後、10年後どの企業が栄え、どの企業が消えているのか・・・

私には難しすぎて予想ができません。

もしかしたら、今は存在しない全く新しい企業が時代を席巻しているかもしれません。


私は予想が困難なものやよくわからないものに資金を投じるよりは、

S&P500ETF(VOO)に資金を投じたい派ですので(笑)

今後もバンガードS&P500ETF(VOO)に投資を継続していきたいと思います。



↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング