00

世界一投資家ウォーレンバフェット率いるバークシャーハサウェイ。

その初期のポートフォリオの株式の占める比率を振り返ってみると面白い事がわかります。

バフェットとバークシャーの馴れ初め

まずは、バークシャー取得までの流れを簡単に説明します。

バフェットがバークシャーの株を買い始めたのは1962年。

1964年5月に株式の7%を取得。

その後、一悶着あり、

1965年までに株式の39%を取得し、支配下に納めます。

ちなみに、バフェットはこのバークシャーへの投資に、運用資産の25%以上を投じています。


1972年のバークシャーハサウェイのポートフォリオ

バフェットが初めてバークシャーに投資してから10年後、

1972年のバークシャーハサウェイのポートフォリオの株式の占める割合はたった15%になっていました。


1973年以降の米国株式市場は

翌年以降S&P500指数は

1973 ー14.66%
1974 -26.47%

珍しく2年続けて10%以上下落しています

ちなみに、10年後、

1982年のバークシャーハサウェイのポートフォリオの株式は80%を占めていました。

翌83~85年のS&P500指数のリターンは+22.56 +6.27 +31.73と大きく上昇しています。



バフェット本人による解説

この当時のことをバフェットは、後にこう振り返っています。



「1982年と同じく、1972年にも優良な企業は数多く存在していた。」

「しかし、1972年の場合、株式市場におけるそれらの企業の価格はバカバカしく見えた」

「(株式市場が上昇を続ければ)部分所有者の立場から資本を有効活用するという能力は縮小、もしくは消滅を余儀なくされるだろう」


どんなに良い企業でも、高すぎる株価で買えば、当然リスクは高くなります。

投資する対象が見つからなくて困っても、

無理に(安全域のない)割高な銘柄を買ったり、リスクの高い危険な投資は絶対にしないという、強い意志がそこにはあったように思います。

この強い意志こそが、バフェットが70年以上も株式市場で生きながらえてきた秘訣かもしれませんね。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング