S&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

S&P500ETF(VOO)に長期投資してます。iDeCOでは楽天VTIに。NISAでもVOOをドルで買っています。米国株の情報や、書評等など赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル。ウォーレンバフェット等が大好きです。青森県八戸に住んでます。

2018年05月

ウォーレンバフェット氏について書かれた本や、投資手法を説明した著作物は星の数ほどあります。そこで今回は実際にバフェット氏本人の口から語られた、個別企業銘柄の選択の方法をご紹介したいと思います。紙と鉛筆をご用意ください。①自分が理解できる企業の名前を紙に書 ...

みなさんは毎週月曜日の21時30分から文化放送で放送されている「週刊マネーランド」というラジオ番組をご存知でしょうか?私は毎週楽しみに聞いています。どういう番組かというと、浅野真澄さんと山田真哉さんの二人が「マネーランド」の名前のとおりお金をテーマに語ってい ...

昨日は集中投資の有効性を述べました。ウォーレンバフェット氏は20歳の時資産の50%以上をGEICO(自動車保険会社)に投資し、市場を上回る大きなリターンを得ました。この事例からも「銘柄選択ができるなら」集中投資はS&P500を超える可能性の一つです。今日のテーマもS ...

私の投資哲学に株価が下がった時こそ株を買うというものがあります。(今の調整局面中もS&P500を買い増してます)哲学なんて大それた言葉を使いましたが、株を安く買うということは期待リターンを高めると同時に、安全域(margin of safety)を確保しリスクを下げる、投資の ...

私はVOOつまりS&P500ETFに資産のほとんどを投資しています。S&P500に連動するインデックスファンド(もしくはETF)に投資するというのは、米国株ブロガー界隈だけでなく、アメリカ本国でも有名で基本的な投資方法の1つです。では、VOOなどのS&P500ETFが最も高いリターンを叩 ...

今日はようやくバフェット太郎氏の著作「バカでも稼げる米国株高配当投資」を読めたので感想を書いていきたいと思います。なぜこのタイミングなのかというと、私の住んでいる町は本当に田舎なので本屋に投資本がほとんどおいてません。町の図書館もほとんど読みたい本がおい ...

アメリカの証券取引所と言えばニューヨーク証券取引所とNASDAQが有名です。ニューヨーク証券取引所はロンドンに次いで世界で二番目に古い市場で時価総額は2000兆円を超え世界最大の取引場といえます。意外と知られていませんが、ソニーやトヨタなど日本企業が上場してい ...

世界の株式市場はNY、ナスダック以下、市場規模の大きさ順に東京、上海、ロンドン市場と続きます。近年特に上海や同じ中国の香港市場などは著しい成長を見せています。投資の選択肢は世界中にさまざまあります。日本株だけに投資するというのは、サッカーに例えると、世界中 ...

投資信託の報告するリターン=投資家が実際に獲得するリターンではありません。例えばインデックスファンドとアクティブファンド1万ドル投資して25年間全ての配当とキャピタルゲインを再投資した場合(1980~2005)インデックス(左) アクティブ(右)株式市場のリターン  ...

前回の創造的破壊の後編の記事です。今日は革命の話をしよう。「株を買っていいのは、金持ちになる覚悟があるやつだけだ」「ゼロ、ゼロ、ゼロッ」1950年より以前、複写機も印刷も開発はされていたものの、性能や値段また用途からも普及には至らず、せいぜいカーボン紙を挟ん ...

↑このページのトップヘ