速報!SBI証券で米国株式「逆指値注文」開始

SBI証券で、2019年10月7日(月)現地約定分より、米国株式の「逆指値」注文ができるようになります。

また指値期間も90日へと延長されます。


公式ホームページからの引用
株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「当社」)は、
2019年10月7日(月)現地約定分[予定]より米国株式取引の注文方法に「逆指値注文(指値指定/成行指定)」を追加し、さらに同取引の期間指定注文最大日を15現地営業日先から90現地営業日先まで延長することといたしましたのでお知らせいたします。

00





逆指値とは

「注文する銘柄の株価が、あらかじめ指定した価格以上、または以下に到達した場合に、あらかじめ指定した注文を発注する」という注文のことです。


買いの場合は「ある価格以上になったら(指値、または成行で)買い」

売りの場合は「ある価格(注)以下になったら(指値、または成行で)売り」

という方法が逆指値注文になります。

逆指値の例

ちょっと言葉だけではわかりにくいとおもいますので、

簡単な逆指値の使い方の例を紹介します。


「例」

株を100ドルで購入した後、万が一に備えて90ドルで逆指値注文を出しておきました。

(90ドルまで下がったら、自動的に売り注文が出るように予約)

その数日後、朝起きたらなんと株価が80ドルまで下がってしまいました。

しかし、逆指値注文が効いていたので、90ドルで売ることができ、損失を限定することができました。

(オハギャー阻止)


米国(個別株式)投資家は逆指値を使いこなすべき

日本時間の夜中開いている、そしてストップ高やストップ安のない米国株式市場と逆指値は相性抜群。

90日に延長された指値期間と合わせて使うことで、

SBI証券での米国株取り引きがますます便利なものとなります。


もちろん逆指値注文は必ずリターンを増やしたり、リスクをゼロにするというものではありませんが、

うまく使えば損失を最小限に抑えたり、一定の条件で利益を確保することができます。

こういう注文方があるのに使わないのは、テレビゲームでいうところの縛りプレイや舐めプをしているようなもので・・・

米国個別株に投資をしている方、特に、毎日情報を追ったり、夜中取引が出来ない忙しい兼業投資家の方ほど逆指値や長くなった注文期間を駆使して、不意の株価の動きに備える等、自分の生活スタイルに合った投資をすべきだと思います。

ちなみにマネックス証券でも、米国株式に逆指値は使えます。


かくいう私自身はというと・・・・

バンガードS&P500ETF(VOO)に投資をするだけなので、

実はあまり逆指値は関係ないのですが(笑)

90日へ延長された指値期間は素直に嬉しい所です。

SBI証券さん、グッジョブです。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング




米国株投資ならSBI証券がおすすめです。

SBI証券の口座開設はこちらから