00

S&P500指数、過去最高値まであと0.5%まで回復。


トランプ政権の当局者らが「中国に限定的な貿易合意案を提示することを協議した」という一部の報道があり、米中が貿易協議で暫定合意するとの楽観が広がりました。

また欧州中央銀行(ECB)の金融緩和発表も良い影響を与えました。


その一方で、CNBCは、米国は中国との暫定的な貿易合意案を検討していないと報じています。  

また、こうした話し合いはあくまで予備的なもので、トランプ大統領はまだ承認しておらず、

今回の提案が目指すのは暫定合意であり、貿易戦争に最終的な解決をもたらすのではなく、貿易摩擦を現状のまま凍結するものとのことですから、過度な楽観は禁物だと思います。


今年の米国経済の成長率、3%達成は厳しいか

WSJが調査したところ、今年か来年のいずれかの時点で四半期ベースの成長率が3%以上に達成すると予想したのは、エコノミスト60人中3人に留まりました。

「エコノミストの予想の平均」

()内はトランプ政権の成長予想です。

10~12月  2.2%  (3.2%)
2020年    1.7%  (3.1%)
2021年    1.9%  (以降4年間3%)
  
「FRBの経済見通し」

2018年  2.1%  
2020年  2.0%  
2021年  1.8%  

FRBの経済見通しはエコノミストの予想と近いものになっています。


注目は「米中貿易」のようですが・・・

不透明感をもたらしている最大の要因は「米中貿易摩擦」と過半数が答え、

最大の下振れリスクは、貿易・関税・輸出と61.5%のエコノミストが答えました。

1年以内の景気後退を予想するエコノミストも34.8%になりました。(1年前の同調査では17.7%)


このような予想は、当たるかどうかはわかりません。

トランプ政権が何か手を打ってくる可能性もあります。

ただ、株式市場へ参加している人の関心が米中貿易にあるということや、米国経済の低成長による影響は、程度想定し、覚悟しておいた方がいいかもしれません。



小さな失敗はいい。不意をつかれて驚かないように。

私は小さな失敗はそれほど心配しません。よくある事です。株価の下落も同様です。

ただ、大きな失敗、特に致命傷になりそうな失敗はとても警戒しています。


ここで、タレブ著、「ブラックスワン」より、私の好きな一節を引用し紹介したいと思います。



投機的なベンチャー企業より、「有望な」株式市場。とくに「安全な」優良株に不安を感じる。

見えないリスクの代表だ。前者は変動が大きいのが最初から分かっているし、投資する額を小さくして裏目に出たときの損を抑える事ができるから、不意を突かれても驚くことはない。

世に騒がれる華々しいリスクは、それほど心配しない。

タチの悪い隠れたリスクを心配する。(糖尿病とか)

全く持ってそのとおりだと思います。

米国経済の鈍化も貿易問題も、予めわかっている方のリスクです。

今の段階で備えたり、心構えする事ができます。

ですので、適切なリスク許容度で投資をしている方は、あまり騒いだり、心配し過ぎたりせず、投資を続けることが大切だと思います。

(私はまだ予想しえない、突然のリスクの方が怖いです。)


S&P500投資は、時に苦々しく感じることもあるかもしれない。

S&P500への投資の結果は、すぐに出るものでもないし、日々安定もしていません。

まわりにはすぐに結果が出る人や、より安定した運用をしている人もいます。

S&P500投資家は、時に苦々しく感じることもあるかもしれません。

今後何年も米国経済の低成長が続いたら尚更でしょう。


それでも投資を辞めないでほしい。

S&P500指数は長い間良い成績があげられなかったりもします。

周りの冷たい目に晒されながら、くじけることなく、いつか報われる日を待ち努力を続けていく必要があります。

S&P500投資が正しいかどうかはわかりませんが、そうやって努力をする人を応援したいと私は思っています。

(他人の意見や成績、短期的な結果なんか気にしないで欲しいです)


長期間、努力を続けるのはすごいことです。

もちろんS&P500に限らず、全世界株式でも、全米株式でも、

インデックス投資でもそれ以外の投資手法でも・・・・

なんなら、資格の勉強や肉体改造など投資以外の分野でも、長期に渡って努力(や投資)を続けられる人はそれだけですごいと思います。

是非、誇りに思ってください。

そしてこれからも、将来に渡って、努力を積み上げていってほしいと願っています。


かくいう私もまだまだ未熟者なのですが、

だからこそ、なお一層努力を継続していきたいと思っています。

これからも一緒に投資や努力を続けていきましょう!


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング




楽天証券