市場に勝つファンドを見つける事は可能なのか?

前もって市場を上回るファンドを見つける事は難しい、と私は思っています。

その時点で、人気のファンド。過去の運用成績が良いファンドというのは調べればすぐにわかります。

でも、その運用成績が将来も継続するとは限りません。


米国株式ファンド、35年後の真実

1970年、米国には355本の株式ファンドがありました。

ではそれらのファンドが、35年後の2005年にどうなったか見てみましょう。

00



S&P500指数に1%以上勝ったファンドはたった9本。24/355

S&P500指数に2%以上勝ったファンドはたった9本。9/355

長期に渡ってS&P500指数に勝ち続ける事の難しさがよくわかるデータですね。

これらなら「もうS&P500(市場平均)に連動するインデックスファンドでいいや」と思ったのは私だけではないと思います。

1970年の時点で勝ち組ファンドを選ぶことは、ちょっと私には無理そうです。





あなたのファンド30年後も生き残りますか?

実は市場平均(S&P500)に投資をするインデックスファンドの強さの他に、

このグラフからはもう一つ大切なことがわかります。

それは、実に355本中223本のファンドが途中で償還されたしまったという事です。


成績が悪かった、ファンドマネージャーが辞めた、運用が大きくなり成績が残せなくなった、投資家が離れていった、などいろいろ理由はありますが

この事実から、私達が考えるべきポイントは、

「今自分の投資をしているファンドは、20年後、30年後、ちゃんと生き残っているか」という点だと思います。

特に長期投資家の方にとっては、真剣に考えなければならない大切な問題だと思います。

もちろん、途中で乗り換えるという方法もあるのでしょうが、これから何十年にも渡って勝ち組ファンドや生き残りファンドを当て続けるというのも難しいような気もします。


少し話はそれましたが、

過去の成績、人気、コストだけではなく、ファンドが今後もずっと生き残っていくかという点についても真剣に考える必要があると思います。

特に若い方や初心者の方の中には、この点を見落としているような方がいるようにも感じます。

特に長期間にわたって投資をするファンドを選ぶときには、注意していきましょう。



↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング




サクソバンク証券は海外ETFの種類がダントツです。

 口座開設はこちらから
サクソバンク証券