米国小型株の基本

今回は米国小型株についての基本的な特徴や知識を紹介しようと思います。

あまり詳しくない方のために、簡単にまとめました。

米国小型株に興味のある方は、是非ご覧下さい。


米国小型株は市場をアウトパフォームしてきた?

1927年~2015年の間の米国小型株は大型株を年率3.3%上回ってきたというデータがあります。

小型株が市場をアウトパフォーマンスする確率は

1年   59%
3年   66%
5年   70%
10年    77%
20年    86%

となっており、(上回る幅は小さいものの)期間が長くなるほど、市場平均を上回る傾向にあります。



米国小型株の特徴

〇財務的にレバレッジが大きい
〇資本基盤が小さく、経済的な困難に対処する能力が低い
〇資本調達力に限りがある。(信用サイクルの変化に弱い)
〇利益の変動が激しい
〇収益力が(大企業比べ)低い
〇キャッシュフローの不確実性が高い。
〇株式の流動性が低い
〇ビジネスモデルの実績がない。乏しい

ということがよく言われます。

また個人的に以下のような印象を持っています。

〇経営陣、人材が手薄
〇日本人投資家にとって個別企業の情報を得るのが難しい(時間がかかる)
〇米国内(北米)で収益を得ている会社が多い。(米国大企業は世界中から利益を得ているグローバル企業も多い)

小型株はボラティリティが高い。

1927~2015年の期間での小型株の年間の標準偏差は約30%、大型株は約20%なので1.5倍も違う事になります。

例えば、大恐慌時の1931年 CRSP1~5インデックス(大型株)は43.3%下落しましたが、CRSP6~10インデックス(小型株)は50.2%も下落しました。

1973~74年の不景気では大型株39.2%の下落に対して、小型株は53.1%

2008年も大型株が36.5%下落した一方で小型株は38.7%下落しました。


これらの小型株の特徴に対して、小型株が大型株以上のリスクプレミアム(リターン)が求められるのは、まあ当然だと思います。


小型株ETF(VB)とS&P500(SPY)の比較

00

わかりやすい例の一つとして、

バンガードの米国小型株式ETF(VB)とS&P500ETF(SPY)のトータルリターンとボラティリティを比較したグラフとなります。

VBの設定された2004年からの比較です。小型株の方がトータルリターンで勝っているもののボラティリティの高さや2008年や昨年末など下落時の大きさにも目が行きますね。


リーマンショック以降は比較的好調だった小型株ですが・・・

論文「Monetary policy and the cross section of expected stock returns  」の中で

米国小型株は金融政策が緩和されている期間にのみ、小型株に大きなプレミアムがある。

金融が引き締められている期間はサイズ効果は統計上優位なものでなはいと結論づけられています。

他にも似たような結論づけをしている論文はいくつかはありますので、小型株に投資をして市場を上回ろうと企んでいる方は、景気や金融政策の影響も考慮する必要があるかもしれません。

(もちろん投資対象となる企業によって差はあると思います)

まとめ

世界一の投資家ウォーレンバフェットは、もし今自分の資金が少なかったら、割安になっている(米国)小型株に投資をするという趣旨の発言をしていました。

その一方で、小型株にはボラティリティの高さや(日本人投資家にとって)情報が手に入れにくいなど少し不利な面もあります。

結局はリスクとリターンのトレードオフだと思います。もし小型株の特徴やリスクを十分に理解し、それで得られるリターンを許容できるという方なら投資してみるのもいいかと思います。

ただ、「過去米国小型株は米国大型株を上回ってきた」というだけの情報で小型株に行くと思わぬ打撃をうけることもあるかもしれません。

これは、小型株に限らないことなのですが、

投資をする時はその対象についてよく調べ、十分にリスクなども学んでから投資をするのが大切だと思います。

↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村  


米国株ランキング




米国小型株に投資をするならマネックス証券がおすすめ!

マネックス証券

取り扱い銘柄数が多く、取り扱っていないニッチな銘柄も希望を出せばわりとすぐ対応してくれる印象です。