00

フォード財団のレポート


1969年、フォード財団はあるレポートを発表しました。

一言で言えば、

「株式による高い利回りの恩恵を受けるため、教育基金はもっと株式に投資した方がいい」と

「株式投資」を強く勧める内容となっていました。


余程自信があったのでしょうか?

フォード財団も自らのレポートの内容に従って、資産の多くを株式に投資しました。


1974年の暴落

74年の暴落で、フォード財団は大きな損失を被ります。

基金は41億ドルから17億ドルへと減少。

支給していた助成金も、73年の1億7700万ドルから、7600万ドル(79年時点)へ1億ドルも減額。

研究助成金や交換留学生制度、芸術活動への助成は大幅に切り詰めることとなりました。


大学も被害に・・・

69年に同レポートで賞賛されていた=株式投資に積極的だった

ロチェスター大学も73年から74年の間に基金を半減させてしまいました。




ちまみにS&P500指数は・・・

73年-14.66% 74年-24.47%と珍しく、2年連続で10%以上の下落を見せました。


当然ですが、ポートフォリオの株式の比率が高すぎる場合、フォード財団やロチェスター大学等と同じかそれ以上の被害を受ける可能性を覚悟しなければなりません。

一応補足として付け加えておくと、結果的にS&P500指数は75年、76年に+37.20、23.84%と反発しました。

なのですが、今回の話からはS&P500の過去の強さだけではなく、他にもう一つ学ぶべきポイントがあります。


一つの資産や制度を過信しすぎない。


フォード財団のレポ―トによる失敗からは、株式への過信とその後の影響について考えさせられます。


例えば、年金制度、イデコ、株式投資、貯金など・・・

これらのうちの一つを過信して、「年金があるからそれだけで老後は大丈夫。」「イデコだけで大丈夫」「株式投資だけで大丈夫」「貯金だけで大丈夫」

といった具合に、株式投資や制度を信頼するあまり、

「それ以外」の備えを全くしていなかった人は、「何か」が起こった時には、大きなリスクと代償を背負う事になります。


あくまで例えですが

フォード財団の例に、かなり大雑把に当てはめて考えると

4100万円の資産が1年で1700万になり、毎年177万づつ引き出す予定が、10年後76万しか取り出せなくなった。

ほとんどの資産を株式に集中していたため、他の備えが乏しい・・・。


実際にこんなことになったら、老後の生活水準の低下や自己実現やアーリーリアイアなどの計画の遅延、子供の教育費など・・・

最悪の場合自分自身(と家族)の人生設計に影響を及ぼすほどの痛みを伴うケースもあります。


勘違いしないで頂きたいのは、イデコや年金、株式投資、貯金、その他が悪いといっているのではなくて、

一つの「モノ」を過信したり、依存度を高めすぎるのは良くないということです。


00


大切なのはバランス

この73~74年の場合は運よくその後2年でS&P500が反発しましたが、大恐慌のアメリカや日本など株式が元の水準に戻るのに十年以上かかるケースもあります(配当込でも)。

一つの事だけで安心せず、また過信せず、

ちょっと大変だと思いますが、出来る事は、出来る範囲でバランスよく全部やった方がよい。と私は思います。

ですがかくいう私自身も、資産運用や将来設計においてまだまだやりたいこと、できてないことがたくさんあります。

1度にはできないと思うので、3年くらいかけて勉強しながら、まだできる環境を整えながらコツコツと理想に近づけていきたいと思います。

あとフォード財団のレポートからは、例え有名で信頼できる会社のレポートや分析であっても間違えることがあるという教訓も学べますね。

繰り返しになりますが不確定な未来において何事も過度な信頼は禁物です。


今夜はFRBですが、金利や株価がどうであれ、バンガードS&P500ETF(VOO)を来月も買増していきたいと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング