VOEとは

バンガード・米国ミッドキャップ・バリューETF(VOE)を紹介します。

VOEは、米国の中型バリュー株に投資をするETFです。

フォーブズ誌の選ぶ「最優秀ETFリスト」に選出されたETFの一つです。

00
基本情報

現在の株価      112.97ドル (2019年7月26日現在)

ETF純総資産      89.30億ドル (ファンド純資産総額182.54億ドル)

設定日        2006年 8月17日 

対象国        米国(中型バリュー株)

銘柄数           208銘柄

経費率         0.07%
   
回転率         17.3%


最新の株価はこちらから確認できます。

VOEの最新株価へ      (ブルームバーグ)

公式ページはこちらから    バンガード社のHPへ


VOEのトータルリターン (VOOとの比較)
トータルリターン ()はS&P500(VOO)のリターン

設定来         8.45%
1年         3.55%    (10.40%)
3年       10.17%      (14.15%) 
5年         7.48%      (10.67%)

10年前(2009年6月30日)にVOEに100万円を投資していたら

2019年6月末時点で約401万円になっていました。

4倍とはすごいですね。

VOEの分配金(配当)

直近配当利回り     2.15% 
直近配当額       0.606ドル ( 2019年6月27日)
支払い月        3・6・9・12月の年4回


過去の配当利回りは、だいたい2%くらいです。

リーマンショック以降は緩やかに増配が続いています。


VOEの株価チャート S&P500との比較(配当込)

00

緑 VOE 青 SPY(S&P500)

リーマンショックから2016年くらいまで長期に渡ってS&P500(SPY)を上回るリターンを残してきました。

しかし、ここ数年の株価の伸びはS&P500に負けています。

S&P500よりもボラティリティが高く、下がるときは大きく下落する印象です。


保有上位10銘柄
00

セクター別構成比率

00


対象となる指数

 CRSP USミッドキャップ・バリュー・インデックスは、CRSP USミッドキャップ・インデックスにおけるバリュー株のパフォーマンスを表します。

〇バリュー株の基準

・株価純資産倍率
・予想株価収益率
・過去の株価収益率
・配当利回り
・株価売上倍率


などが基準となりインデックスが組まれています。

バリュー株投資をする際の分析するの参考にしてみるのもいいかもしれません。


指数について 詳しくはこちらから

CRSP・MSCI・S&P・ラッセル 米国指数・インデックスプロバイダー比較。違いとは?


感想 

VOEは成長著しい米国の中型バリュー株に低コストで簡単に分散投資が出来るETFです。

まずまずの分配金(インカム)も期待できます。

S&P500を対象としたETFや投信、VTIと組み合わせたりするのもおろしろいかもしれません。

チャートを見てわかるとおり、S&P500との相関性が高いのでリスク分散というよりは、リターンの補完という目的で使うのがいいかと思います。

スタイル型ETFという特性上、以前のようにS&P500を大きく上回ることもあれば、近年のようにグロース型ETFやS&P500などの市場平均を下回ることもありますので、その点も頭に入れて上手に投資をして欲しいと思います。

00

時期によってはS&P500や他の中型株ETFを圧倒しています。

VOEは、フォーブズ誌の選ぶ「最優秀ETFリスト」に選出されたETFの一つですが、初心者の方よりもある程度経験を積んだ方向けのETFだと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング