BSVとは

バンガード・米国短期債券ETF(BSV)を紹介します。

米国の短期投資適格債券市場へ投資するETFです。

マネーマガジンが注目しているのは9つの「ビルディングブロック」の一つに選出されたETFです。


基本情報

現在の株価      80.23ドル (2019年7月17日現在)

ETF純総資産      237.69億ドル (ファンド純資産総額496.63億ドル)

設定日        2007年 4月3日 

対象国        米国(債券)

銘柄数           2426銘柄

経費率         0.07%
   
平均クーポン      2.4%


最新の株価はこちらから確認できます。

BSVの最新株価へ      (ブルームバーグ)

公式ページはこちらから   バンガード社のHPへ



BSVのトータルリターン

00

10年前(2009年6月30日)にBSVに100万円を投資していたら

2019年6月末時点で約123万円になっていました。


BSVの分配金(配当)


直近配当利回り     2.29% 
直近配当額       0.153357ドル ( 2019年7月1日)
支払い月        毎月分配

毎月分配というのが特徴です。


BSVの株価チャート(BNDとの比較)


000



青 BSV  緑 BND

抜群の安定感を誇る、BND(バンガード・米国トータル債券市場ETF)

よりも更に安定していることがわかります。


00

そのぶん、分配金込のトータルリターンの比較ではBNDにやや劣っています。

また一つ上のチャートを見てもわかる通り、リーマンショック前後はBNDを上回るリターンとなっていました。


00
00

BNDとの違いは、残存期間が1~5年の債券に対象が絞られていることです。


00


〇投資適格(ムーディーズによる格付がBaa3以上)の債券を対象としています。

00


〇米国債、政府機関債、投資適格(ムーディーズによる格付がBaa3以上)の社債および米国外の発行体による米ドル建て債券をカバーしています。


まとめ

BSVは低コストで米国短期債券ETFに分散投資ができるETFです。

BNDより、リターンは劣るものの、より暴落に強く、株価も更に安定している印象です。

Money magazine が注目している9つのETF

BND  (バンガード・米国トータル債券市場ETF)

BNDX  (バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり))

とともに選出され、ポートフォリオの中核として勧められていたETFの一つです。


日本人には為替リスクがあるため、そのまま当てはめるわけにはいきませんが、

BNDなどに投資をお考えの方、より安定したインカム収入源を希望する方は

一考に値するETFだと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村