ウォーレンバフェットは野球を例に挙げて、投資の話をすることがよくあります。

今回は私も少しマネして(笑)。

とあるプロ野球選手の話をしていきたいと思います。


とはいえ、特に難しい話ではないので、

野球やスポーツに興味がない方も、休日のお供に、気軽に読んで頂けたら幸いです。



成功の秘訣は「シンプル」

日本プロ野球、唯一の三冠王、三回。

選手としても監督としても、長期に渡ってコンスタントに凄まじい成績を残してきた、

元プロ野球選手、監督の落合博満氏が、

「打撃の極意とは?」「どういう答えなんですか?」と聞かれたときの言葉です。

「シンプル」

昔の人っていうのは、難しい事は言わないの。

言わないというかあまりにも難しすぎて・・・


自分たちもいろいろな経験してきているでしょ?

それで「これやっちゃダメだ、あれやっちゃダメ・・・」


いろんなもの、やっちゃダメなもの、全部とっていっちゃうの。

そうすると、一番シンプルな形しか残らない。


ところが、これが・・・

シンプルな形っていうのは、誰にも受け入れてもらえないの。

このジレンマはあると思う。


 朝まで戦えスポーツ内閣 伝説の三冠王 打撃の極意 より 落合博満氏の言葉から引用




「落合選手とタイミングについて」

また、当時対戦した木田投手は

落合氏についておもしろい発言をしています。


普通のバッターってバットを振るじゃないですか?

一生懸命。

そうすると、タイミングを外すところが出てくるんですよね。

そうすると打てない、打たれないことが多い。



でも、落合さんはバットを振らないんですよね。イメージとしては。

バットがスーとでてきてホームランになっちゃう。

だから、タイミングなんか外せないんですよ。


だってこうやって、ほんとこうやってて、今言ったようにフ~いう、同・・・やっててヒューってバットだしたら、ポンとホームランなっちゃうんですよ(>_<)

落合氏 「ゆったりと笑」




野村監督と落合氏

また日本野球界の名将である、この二人の会話には学ぶべきことがたくさん詰まっています。


〇運の要素について

落合「ノムさんのは、運で取った三冠王(1回)」

野村「あの年は首位打者の張本、榎本みんな調子悪かった。俺は運で取った。この男はわしの三冠王の価値を下げた。あんたのは実力だ(3回)」

落合「やる気になれば、あと2回はとれた。」


〇思考と感情ついて

野村「人間は思考と感情、二大要素を持っている。」

落合「その当たり前の事を考えられないやつがいっぱいいる」


〇当たり前の事をする

野村「「オレ流」っていうが、あれは昔の野球だ」

落合「昔(当たり前)の野球をやっているだけ。今のプロ野球球界にはそれが必要」


〇情報戦

落合「毎日ミーティングしてるでしょ?楽天の練習量あれで足りてるの?」

野村「落合中日すごいわ。キャンプ初日から全部情報とりにきている。スコアラー何人いるの?」

落合「10・・何人いるのかなww」

野村「こりゃまたすごい発想だわ。10何人もいるの?。楽天は3人かな」

落合「ある種の情報戦だと思っている。やらせててダメなスコアラーは何人か変えてるから。スコアラー同士で競わせてる。負け越してるチームのスコアラーは、絶対次勝てるように死ぬ気で細かい情報まであげてくるw」


〇文句があるなら俺の成績をこえてみろ。

落合「レギュラー何年も張ってる連中はコーチの話なんか聞きたくない。お前らに言われたくないという選手がいるんですよ。でも、中日のなかでそれを言える選手は一人もいない。」

悔しかったら俺の通算成績をこえてみろ、それからのうがきたれろ。」

「そう言うんです(笑)」


ちなみに、落合氏の通算成績は

三冠王    3回 (史上唯一)
首位打者   5回 (パリーグの右打者日本記録)
ホームラン王 5回 (両リーグでの達成は史上初)
打点王    5回 (両リーグでの達成は史上初)   
最多出塁   7回

最優秀賞 2回
ベストナイン 10回

通算20年 2371安打 ホームラン 510本 打点 1564 出塁率 422 OPS 987

監督として 8年間で Aクラス8回 リーグ優勝4回 日本一1回


その他にも数々の記録を持っています。

秋田県民栄誉賞 最多勝利打点など・・・

個人的には、20年通算のOPSが987というのが一番やばいと思います。

S&P500の通算成績
00


特に深い意味はありませんが、S&P500の年次ごとのリターン表もつけておきます。

参考までに、1926年~2016年までの年間リターンの平均は10.0%(インフレ調整前)です。


圧倒的な成績の秘訣は「シンプル」さ

数々のレジェンド級の日本記録をもつ落合氏ですが、

長期間圧倒的な成績を残してきた打撃の極意が、

やってはダメな事を徹底的に取り除いた「シンプルさ」

というのがとても興味深いところです。


私は、特に何も文句がないので。

今後もシンプルにS&P500に投資をしていこうと思います。



↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング