00

本日SBI証券に続いて、マネックス証券、楽天証券証券も

米国株の最低取引手数料を0ドルへと引き下げましたので紹介します。


マネックス証券

他社に先駆けて手数料を改定。

既に7月8日(月)から、業界最安の0.1米ドルにてサービスをご提供しておりましたが。

7月22日(月)以降は、最低手数料0米ドル(無料)に引き下げることを発表しました。


また、買付時の為替手数料も、7月8日か半年間0円(無料)としております。

米国株ならマネックス証券と呼ばれているのは伊達ではありませんね。


マネックス証券は他にも

①いつでもどこでも米国株取引ができる「スマートフォンアプリ」
②主要ネット証券で随一の取扱い銘柄数 「3,400銘柄超~」
③再発注の手間をなくします。「最大注文有効期間は90日間!」 
④24時間の取引が可能「時間外取引にも対応」


といった独自の強みがあります。

特に米国「個別株投資」をお考えの方にはマネックス証券がおすすめです。


マネックス証券



楽天証券

2019年7月22日(月)米国現地約定分より、楽天証券も米国株式取引の最低取引手数料を撤廃しました。

楽天証券の強みと言えばポイントサービスですよね。

楽天証券の「超割コース」場合、取引手数料の1%をポイントバックします。また、超割コースの大口優遇を達成すると、ポイントバックが2%になります。

貯まったポイントで投資信託が買えるのが楽天証券の最大の強みです。


楽天証券





大手三社の比較

00

画像はマネックス証券のHP参照

現在のところ大手三社の手数料は上の画像のとおりになっています。



意外な伏兵、サクソバンク証券

米国株式・ETF等 取扱銘柄数   6,000以上

売買手数料            0.20% (大手三社は0.45%)
上限手数料           15ドル (大手三社は20ドル)
(1注文) 最低手数料          5ドル
為替手数料           片道0.2% 

特定口座に対応してない事が最大の難点ですが、

この夏に対応予定とのことですので今後が楽しみな証券会社です。

ETFの取扱数もダントツで、私の好きなバンガード社のETF VNQ等を扱っている日本で唯一の証券会社でもあります。



サクソバンク証券ではお得な友人紹介プログラムも

サクソバンク証券では現在お得な友人紹介プログラムを行っています。

紹介した友人が新規口座開設を行い、条件に添い入金後1回以上お取引をすると

紹介者に5000円。友人(紹介された方)に4000円。特典がもらえます。


実施期間: 2019年8月30日23:59までのキャンペーンですので、

サクソバンク証券が気になる方は是非この機会に口座を作って、

友人・知人の方にもお声をかけてみてはいかがでしょうか?


サクソバンク証券の口座開設はこちらから↓

サクソバンク証券
 


感想

大手三社+サクソバンク証券の競争。NISAやイデコ。

投信の値下げやETFの発達など

投資環境、投資インフラはここ数年で大きく改善されてきたように思います。


各証券会社の競争は私達個人投資家にとっては嬉しい限りです。

この流れを作ったマネックス証券さんには改めて感謝申し上げます。


最後に余計な一言をいう事をお許しください。

「下」ばかり見るのもいいけど、

私は「上」を見て投資道を歩いていきたいなあ

気になるのは下より上なんだよなあ

深い意味はありませんが(笑)

人生「上」を向いて歩きたいものです。


何はともあれ、

これで再び手数料はほぼ三社横並びとなりました。

ここらへんでいったん落ち着くのでしょうか。

今後も各社の動きを楽しみにしつつ、VOO投資を続けていきたいと思います。


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング