00

SBI証券は、米国株式の最低取引手数料を5ドルから0ドルへ引き下げる事(撤廃)を発表しました。

2019/7/22(月)現地約定分からとなります。

詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください。

 SBI証券のホームページへ


より多くの人に米国株式や海外ETF投資がより身近なものになると思います。

配当再投資戦略をしている方にとっても嬉しい発表ではないでしょうか?


大手ネット証券3社の米株式取引手数用の比較

00

  画像はSBI証券のホームページより 引用


最低手数料は大きく引き下げられましたが、

取引の際には、0.45%の取引手数用がかかることに注意が必要です。

(SBI証券は約定代金が2.22ドル未満の取引の場合端数切捨てで手数料は無料)


また、上限取引手数用は以前と変わりません。

毎月数十万単位で投資する方には、この変更にはあまり旨みを感じられないかもしれません。


手数料以外の強味も考慮して使い分けよう

マネックス証券の手数料引き下げから、各社一斉に動き、

取引手数料は再びほぼ横並びとなりました。


三社とも手数料の他にも、それぞれの長所や違いがありますので、

ご自身の投資スタイルや投資対象、使い安さなども考慮して

三社を使い分けるのがいいと思います。


SBI証券

SBI銀行を使えば為替手数が他社より安くなります。(2銭~4銭 他社は25銭)

また米国株式やETF定期買い付けサービスも行っています。


マネックス証券

2020年1月7日(火)まで為替手数が無料。

時間外取引や逆指値等の様々な取引方法、スマホアプリなど他社にはない強みがあります


楽天証券

米国株式買付けでポイントキャンペーンなどを行っています。


大手ネット証券3社の最低取引手数料の値下げを受けて

みなさんもいろいろなご意見があると思います。

私は、証券会社が手数用を引き下げてくれたこと。

より多くの人とって米国投資や海外ETF投資が身近になること。


日本の個人投資家の投資環境が少しよくなったということを、ひとまずは素直に喜ぼうと思います。


各証券会社様の決断に感謝しつつ、今後のより一層の努力を期待しています。


↓もしよろしければ応援クリックよろしくお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング