VOXとは

今回はバンガード・米国通信サービス・セクターETF(VOX)を紹介します。

米国のコミュニケーションサービスセクターの大、中、小型株に低コストで幅広く分散投資ができるETFです。


2018年にS&Pのセクター変更の際に「電気通信セクター」が無くなる代わりに「コミュニケーションサービスセクター」が新設されました。

それに伴い、VOXも「コミュニケーションサービスセクター」へ対応するよう、構成銘柄等の大きな変更が行われました。

以前と少し性質が違うETFをなっていますので、過去のデータを見る際は注意が必要となります。


基本情報

現在の株価      89.13ドル (2019年7月6日現在)

ETF純総資産      17.00億ドル (ファンド純資産総額17.48億ドル)

設定日        2004年 9月23日 

対象国        米国(コミュニケーションサービスセクター)

銘柄数           107銘柄

経費率         0.10%

利益成長率       25.3%
   
回転率         84.2%


売買回転率が高いのはセクター変更に伴ったものだと推測されます。


最新の株価はこちらから確認できます。

VCRの最新株価へ     (ブルームバーグ)

公式ページはこちらから   バンガード社のHPへ


VOXのトータルリターン (VOOとの比較)

トータルリターン ()はS&P500(VOO)のリターン

設定来      6.88%
1年      3.10%   (  3.77%)
3年     -1.50%     (11.69%) 
5年      2.87%     (  9.62%)


2018年以前のデータは参考までに。

10年前(2009年6月9日)にVCRに100万円を投資していたら

2019年6月末時点で約239万円になっていました。

VOXの分配金(配当)

直近配当利回り     2.87% 
直近配当額       0.1707ドル ( 2019年6月21日)
支払い月        3・6・9・12月の年4回


セクター変更をする以前は、3%~4%ほどの高い配当利回りのETFでした。

変更後の配当利回りは3%を割っていますが、現在でもまずまずのインカムが期待できるETFです。




VOXの株価チャート (S&P500との比較)

00


青 VOX 赤 S&P500(VOO)

銘柄変更のため、直近のチャートを掲載しました。

変更以前の株価はS&P500指数を下回っていることが多いETFでしたが、変更後はS&P500と似たようなチャートを描いています。


00



また設定来の配当込のトータルリターンで見てみると、2016年途中までS&P500指数を上回っていました。

こちらも参考までに。


保有上位10銘柄

フェイスブック           14.81%         
アルファベット C          11.22%
アルファベット A          10.64%
ベライゾン              7.36%
ディズニー              4.56%
AT&T                   4.52% 
ネットフリックス           4.47%  
コムキャスト             4.44%
チャーターコミュニケーションズ    2.54%  
アクティビジョン ブリザード     1.43%


フェイスブックとアルファベットで36.67%を占めています。

上位10銘柄で65.99%を超えています。

00

固定回線、携帯無線、ワイヤレス、広帯域通信、 光ファイバー・ケーブルネットワークを通じて通信サービスを提供する企業。または関連コンテンツと情報を提供する企業で構成されています。


対象となる指数

MSCI USインベスタブル・マーケット・通信サービス25/50インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。


感想

構成企業でみるとFB、アルファベット、ネトフリのような成長企業やAT&Tやベライゾンのような高配当銘柄まで、様々な企業で構成されています。

このセクターで大きなキーワードとなるのは、「5G」でしょう。

00


モバイルデータ通信量は過去10年間に爆発的に増え、17年~18年の間に2倍となりました。

出典 CTA

しかし、今でも現在Wi-Fiのない所で動画をみたり、大きな容量のものをダウンロードするのは少し気が引けます(私だけかもしれませんが)。

今後この環境が改善されたり、単純に人口増加に伴う通信量の増加などによって、このセクターの企業群の市場はまだまだ広がる余地はあります。

(それを利益や株価に結び付けられるかはわかりませんが)


VOXは米国のコミュニケーションサービスセクターへ低コストで幅広く分散投資ができるETFです。

まだ変更して間もないセクターですが、今後の行く末を楽しみに見守っていきたいと思います。



他のバンガード社のETFはこちらから



↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



VOXに投資をする時にオススメの証券会社

セクターETFに投資をする時は時間外取引や90日指値(逆指値)が使えるマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券




あ画像参照 バンガード社のHP