VCRとは

今回はバンガード米国一般消費財・サービスセクターETF(VCR)を紹介します。

米国一般消費財・サービスセクターの大、中、小型株に低コストで幅広く分散投資ができるETFです。


基本情報

現在の株価      182.97ドル (2019年7月6日現在)

ETF純総資産      27.44億ドル (ファンド純資産総額30.59億ドル)

設定日        2004年 1月26日 

対象国        米国(米国一般消費財・サービス)

銘柄数           304銘柄

経費率         0.10%

利益成長率       16.1%
   
回転率         28.1%


最新の株価はこちらから確認できます。

VCRの最新株価へ     (ブルームバーグ)

公式ページはこちらから  バンガード社のHPへ


VCRのトータルリターン (VOOとの比較)

トータルリターン ()はS&P500(VOO)のリターン

設定来               9.92%
1年                   7.05%   (  3.77%)
3年                 15.26%     (11.69%) 
5年                 12.13%     (  9.62%)


近年はS&P500(VOO)を上回るリターンをあげています。

10年前(2009年5月9日)にVCRに100万円を投資していたら

2019年5月末時点で約565万円になっていました。

VCRの分配金(配当)

直近配当利回り     1.00% 
直近配当額       0.4591ドル ( 2019年6月21日)
支払い月        3・6・9・12月の年4回


設定来の分配金利回りは約1.00%少々となっています。

配当を重視する方には少し物足りなく感じるかもしれません。



VCRの株価チャート (S&P500との比較)



00

青 VCR 赤 S&P500(SPY)

チャートを見てもわかるとおり、近年はS&P500を上回るリターンをあげています。


保有上位10銘柄

アマゾン            21.91%
ホームデポ             7.39%
マクドナルド            5.27%
ナイキ               3.39%
スターバックス           3.36% 
ブッキングホールディングス     2.65%
ロウズ               2.60%   
TJX                 2.15%
ゼネラルモーターズ         1.47%
ターゲット             1.45%

上位10銘柄が占める割合     51.64% 

アマゾンが20%を占めているに目が行きますね。

構成銘柄数は304銘柄と多いのですが、上位10銘柄で50%を超えています。


00


このセクターは自動車、アパレル、レジャー用品、ホテル、レストラン、消費者向け小売業など、景気循環に対し最も敏感な傾向にある製造業およびサービス業の企業で構成されています。

生活必需品と一般消費財の境は曖昧です。

(生活必需品セクターETF(VDC)についてはこちらからどうぞ 過去のブログ記事

対象となる指数

米国の一般消費財・サービス・セクターの大型株、中型株、小型株を網羅する、MSCI USインベスタブル・マーケット・一般消費財・サービス25/50インデックスに連動したパフォーマンスを目指しています。


感想

あまり注目されていませんが、

一般消費財セクターはシーゲル教授の研究で、1957年~2003年の間

S&P500指数を上回り続けたセクターの一つです。

S&P500指数 10.85% 一般消費財セクター 11.09% (10セクター中5位)


そして2004年からのチャートも上記の通りです。


一方で、当初銘柄のリターンは9.80%と振るわず、流行や変動が激しいのもこのセクターの特徴となっています。

構成企業をみるとマクドナルド、ナイキ、アマゾン、スタバと日本人に馴染みのある企業も多く含まれています。


セクターETFはアクティブ投資だと個人的には思っていますが、

景気循環やサイクルが読める人にとっては、サテライト戦略などに適切に使えばおもしろいETFなのではないかと思います。

VCRはあまり注目されていないものの、S&P500を長期間上回ってきた、一般消費財セクターに低コストで幅広く分散投資できるETFです。


他のバンガード社のETFはこちらから




↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング


VCRに投資をする時にオススメの証券会社

時間外取引や90日指値(逆指値)が使えるマネックス証券 がおすすめです。


マネックス証券