VNQIとは

Vanguard Global ex-U.S. Real Estate ETF

バンガード・グローバル(除く米国)不動産ETF(VNQI)とは米国以外の世界中の不動産市場に投資ができるETFです。

米国を除く世界30カ国以上のREITs(不動産投資信託)及びREOCs(上場不動産事業会社)約600銘柄で構成されています。

S&P Global ex-U.S. Property Indexに連動するETFです。


基本情報


現在の株価      59.25ドル (2019年6月25日)

ETF純総資産     5.967(十億ドル)

設定日        2010年 11月1日 

対象国        国際・グローバル(除く米国)

銘柄数           626銘柄

経費率         0.12%
 
直近の配当利回り   2.74%(2019年6月17日)

VNQIのトータルリターン

設定来    6.19%
1年         2.21%    
3年      8.13%
5年      6.11%

設定来の平均リターンは年率6.19%とまずまずのパフォーマンスとなっています。



VNQIのチャート 配当込(VNQ VOOとの比較)


000
VNQI 緑 VNQ 青 VOO 黄色

S&P500(VOO)や米国不動産ETF(VNQ)には及ばないものの、VNQIも緩やかに右肩上がりに成長を続けています。


VNQIの分配金(配当)利回りと実績

過去1年ごとの分配金の実績
00


配当利回り

00
過去、1年ごとの分配金の実績にはばらつきがあるものの、過去の配当利回りは平均3.96%とVNQVYM(高配当ETF)よりも高くなっています。


また四半期ごとの分配ですが、6月、12月の分配金が多く、3月、9月は少なくなっています。(3月は分配金が支払われない年もあります。

地域別ポートフォリオ構成
00
世界中の不動産市場に幅広く分散ができていることがわかります。

他社の全世界不動産ETFは新興国市場をカバーしていないものが多いのですが、VNQIは約20%ほど新興国の不動産市場への投資をしています。

また、それに伴い他社のETFより銘柄数も多くなっています。



ポートフォリオ上位10銘柄

00


VNQIは日本の三菱地所、三井不動産など住宅やオフィスビル、商業施設、ホテルを開発する総合不動産デベロッパーが上位に入っています。

VNQはREITが多くディベロッパーが少ないのですが、米国では事業会社をREITに転換する仕組みがあったり、内部運用のREIT転換も認められているためだと思われます。


感想

VNQIは不動産投資信託(RITE)を含む国際的な不動産市場に投資をするETFです。

他社の国際不動産ETFと比べても、広い地域に、低コストで投資ができるのがVNQIの魅力となっています。


REITは、株式や債券とパフォーマンスが異なることが多いため、株式や債券で構成されているポートフォリオにより高い分散効果をもたらします。

またVNQ(米国不動産ETF)との相関性も低く、違う値動きをすることが多いため、合わせて使うのも有効だと思います。

一方で、株価や分配金が変動しやすい面もあります。また通貨リスクなどの国際投資ならではもリスクもあります。


高い配当利回りも魅力なVNQIですが、ポートフォリオのコアや単体で運用するよりは

ポートフォリオの補完。サテライト的な使い方をするのがいいかもしれません。


世界人口の増加や経済成長に伴い、将来的な成長が期待できる世界の不動産市場。

そこに低コストで分散投資ができる魅力的なETFとなっています。


VNQIの購入におすすめの証券会社はサクソバンク証券

サクソバンク証券

「VNQI」を扱っているのは、国内でサクソバンク証券のみとなります。




参照 バンガードのホームページ


↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング