VUXSとは

今回はバンガード・トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)ETFを紹介します。

これ一本で、米国を除く、世界中の先進国および新興国の大型株、中型株、小型株(6,414銘柄)に幅広く投資できするETFです。


基本情報

現在の株価      52.45ドル (2019年6月19日現在)

ETF純総資産     118.31億ドル (ファンド純資産総額3698.56 億ドル)

設定日        2011年 1月28日 

対象国        米国を除く先進国および新興国の株式市場

銘柄数           6414銘柄

経費率         0.09%
   
回転率         3.4%


VUXSのトータルリターン

トータルリターン  ()はVOOのリターン

設定来   3.01%
1年        -6.90%    ( 3.77%)
3年      6.59%    (11.69%) 
5年      1.53%      (  9.62%)


VUXSに100万円投資をしていたら

設定日(2011年1月)にVUXSに100万円を投資していたら

2019年5月末時点で約126万円になっていました。



VUXSの分配金(配当)

直近配当利回り     1.26% 
直近配当額       0.1656 ( 2019年3月25日)
支払い月        3・6・9・12月の年4回


VUSXのチャート(VOO・VEUとの比較)






青 VUXS
 赤 VOO 緑 VEU 

2012年からの長期チャートを見ると、

VEU(同じバンガード社の米国を除く全世界に投資をするETF)と比較すると、ほとんど変わらないということがわかります。

VEUとの違いは銘柄数(約2200銘柄)で、VUXSの方が小型株を多く含んでいます。

また、好調だったVOO(米国市場)と比較するとこの期間のリターンは劣っていることがわかります。しかし将来はどうなるかわかりません。



保有上位10銘柄

ネスレ           1.27%
テンセント         1.02%
ノバルティス        0.80%
ロシュ           0.78%
アリババ          0.77%
TSMC            0.75%
サムスン          0.71%
HSBC            0.70%
トヨタ           0.63%
ロイヤルダッチシェル    0.59%


米国以外の世界中の企業から構成されていますね。

また上位10銘柄の時価総額に占める割合が10%を下回っているというのも特徴です。


市場別 保有資産配分
1
00


米国を除く世界の市場の98%をカバーしています。

欧州、太平洋地域、新興国市場、北米地域を含みます。

また市場規模上位を占めるのは日本、英国、中国、カナダ、フランスです。



セクター別構成比率

000

対象となる指数

 FTSEグローバル・オールキャップ(除く米国)インデックスは、米国を除く世界の市場の98%をカバーしています。

簡単に言えば、全世界株式に投資をする「VT」から米国市場「VTI」を引いたようなイメージです。


対象となる指数が度々変わっており

〇2006年8月31日まではトータル・インターナショナル・コンポジット・インデックス
〇2010年12月15日まではMSCI EAFE + エマージング・マーケット・インデックス
〇2013年6月2日までMSCI ACWI(除く米国)IMIインデックス
〇現在はFTSEグローバル・オールキャップ(除く米国)となっています。

これに伴い経費率が改善され、現在では0.09%となっています。




感想

日本ではあまりなじみのないVUXSですが、

米国のバンガード社のホームページでは、

VTIやBNDとともに、ETF紹介のトップページや、投資家へのアドバイスのページで度々紹介されているETFとなります。


画像は米バンガード 社のホームページより参照。
0000


米国バンガード社は、世界中の株式および債券市場を幅広くカバーできる

これら4つのETFを使って、シンプルにバランスよく投資することが勧めています。

(株式の部分はもちろん「VT」でも良いと思います。)


米国を除く全世界の株式のほぼ全てに投資ができる「VXUS」

設定来の調子はよくありませんが、今後の世界の国々の成長次第ではどうなるかはわかりません。


VTよりも更に米国以外の市場の比率を高めたい方や、米国のみ(VTIやVOO)に投資をしている方がカントリーリスクを分散するため、ポートフォリオの一部に加えるなどの使い方ができます。

そういう意味では、VTIやVOOとすごく相性のいいETFだと思います。


より幅広く低コストで国際分散投資をしたい方、米国以外の国への比重をあげたい方、

VTI、VOO投資家の方でカントリーリスクが気になる方などにおすすめのETFとなります。


〇VTIについては以前書いた記事も参考に

「VTI」バンガード・トータル・ストック・マーケットETFとは?


〇米国ETF投資におすすめの証券はこちら

米国ETF投資におすすめの証券会社は「SBI証券」か「マネックス証券」




↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング






参照 バンガード社のホームページ