VIGとは

今回はバンガード・米国増配株式ETFを紹介します。

バンガード社が運用するETFで、10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成されるETFです。

ここ1年で比較した場合、VIGは、VOO、VYMを大きく上回るリターンとなっています。


VIG 青 VOO 赤  VYM 緑 (配当除く)
00


基本情報

現在の株価      113.98ドル (2019年6月17日現在)

ETF純総資産     328.15億ドル (ファンド純資産総額408.38 億ドル)

設定日        2006年 4月21日 

対象国        米国

銘柄数         184銘柄

経費率         0.06%
   
回転率        15.7%


VIGのトータルリターン

トータルリターン  ()はVOOのリターン

設定来   8.29%
1年        8.66%    ( 3.77%)
3年    12.13%    (11.69%) 
5年      9.32%      (  9.62%)


VYMに100万円投資をしていたら

10年前の2009年6月に100万円投資をしていたら

2019年5月末時点で339万円になっていました。


VIGの分配金(配当)

直近配当利回り     1.66% 
直近配当額       0.4734 ( 2019年6月17日)
支払い月        3・6・9・12月の年4回


VIGのチャート(VOO・VYMとの比較 配当無し)



VIG 緑 VOO 赤  VYM 青

000


VIGのチャート(VOOとの比較 配当込み)

VIG 緑 VYM 青 VOO 黄色
00



2010年から末からの比較

VOO 配当込のトータルリターン  172.9%
VYM 配当込のトータルリターン  165.3%
VIG  配当込のトータルリターン   159.2%

(参照  https://www.etfreplay.com/


2010年末からのチャートを見ると、

VIGは配当を除くと、VOOには劣るものの、VYMは上回っていることがわかります。

しかし、配当込のトータルリターンでは、VYM、VOOを下回っています。




保有上位10銘柄

マイクロソフト         4.4%
VISA             4.3%
P&G                4.2%
ウォルマート          4.0%
ジョンソン&ジョンソン     3.8%
コムキャスト          3.7% 
マクドナルド          3.0%
アボット            2.6%
メドトロニック         2.5%
ユニオン・パシフィック     2.4%

上位10銘柄の構成比率     34.9%


銘柄数の多いVYMと比較すると上位10銘柄の構成比率はやや高くなっています。(VYMは26.9%)

10位以下にはナイキ、3M、コストコなども含まれています。

セクター別構成比率

00

対象となる指数

 NASDAQ USディビデンド・アチーバーズ・セレクト・インデックス

〇長期的なキャピタルゲイン及びインカムゲインの増加が見込まれる株式で構成されています。

(VYMは、現状のインカム水準が高く、潜在的なキャピタルゲインの増加が見込まれる株式から構成されています)

〇修正済み時価総額加重方により算出。10年以上の連続した増配実績を持ち、一定の流動性要件を満たした米国普通株のパフォーマンスに連動します。

〇増配の可能性が低い銘柄は除外されています


感想

ここ1年はS&P500を上回るパフォーマンスを残しているVIGですが、

長期的なパフォーマンスではVOOやVYMを下回っていることがわかります。

構成銘柄をみると魅力的な企業が多いので今後が気になるETFです。


しかし最も気になる点は分配金の推移です。

00

2009年と2013年(第8会計度)に減配していることがわかります。

連続増配銘柄を対象としたETFでも、減配可能性があるということに注意しましょう。

増配率もここ2~3年伸び悩んでおり、

10年単位で比較しても、VOOやVYMとほとんど変わらなかったりします。


今後どうなるかわかりませんが、

個人的にはバンガードS&P500ETF(VOO)のような市場全体に投資に投資をするようなインデックスファンドをお勧めします。


VOO、VYMについてはこちらの記事も参考に

バンガードS&P500ETF(VOO)の記事

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)の記事



↓もしよろしければ、応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



海外ETFの購入ならSBI証券かマネックス証券がお勧めです。

〇時間外取引や逆指値取引が可能なのはマネックス証券だけ!



〇為替コストが最も安いのはSBI証券!






参照 バンガード社のホームページ