VYMとは

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)を紹介します。

バンガード社が運用するETFで、米国の大型株の中でも、予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄を、重点的に組入れたETFとなります。

楽天VYMこと、「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」の元のETFとしても有名です。

基本情報

現在の株価      86.82ドル (2019年6月16日現在)

ETF純総資産     229.29億ドル (ファンド純資産総額313.98 億ドル)

設定日        2006年 11月10日 

対象国        米国

銘柄数         420銘柄

経費率                       0.06%
   
回転率        13.0%

VYMのトータルリターン

トータルリターン  ()はVOOのリターン

設定来   7.26%
1年        1.64%  ( 3.77%)
3年      8.7%   (11.69%) 
5年      8.03%   (  9.62%)


VYMに100万円投資をしていたら

10年前の2009年6月に100万円投資をしていたら

2019年5月末時点で351万円になっていました、


分配金(配当)

直近配当利回り     2.88% (税込)
直近配当額       0.6247 ( 2019年3月28日)
支払い月        3・6・9・12月の年4回


no title

第2会計年度(2008年10月末日)からの一年毎の分配金の推移です。

リーマンショックの影響で第3.4会計年度は減配していますが、その後は順調に分配金は増えております。

00

VYMのチャート(VOOとの比較 配当無し)


000

青 VYM 赤 VOO


VYMのチャート(VOOとの比較 配当込み)


00

 青 VYM 緑 VOO 

(参照  https://www.etfreplay.com/



VOOの設定日2010年9月7日からの比較ですと

VOO 配当込のトータルリターン  213.2%
VYM 配当込のトータルリターン  201.1%


となっており、株価チャートで見るとVOOの圧勝ですが、

配当込で考えると比較的いい勝負していることがわかります。

VOOについてはこちらの記事も参考に

バンガードS&P500ETF(VOO)の記事



保有上位10銘柄

ジョンソン&ジョンソン      3.7%
JPモルガンチェース     3.6%
エクソンモービル         3.1%
P&G            2.7%
ファイザー         2.5%
シスコ           2.4% 
ベライゾン         2.3%
AT&T             2.3%
シェブロン         2.2%
メルク           2.1%

上位10銘柄の構成比率        26.9% 


米国の名だたる大企業、高配当銘柄がずらりと並んでいます。

セクター別構成比率

00


対象となる指数


 FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス

〇現状のインカム水準が高く、潜在的なキャピタルゲインの増加が見込まれる株式から構成されています。

〇 FTSE グローバル・エクイティ・インデックス・シリーズGEIS)に含まれる米国の構成銘柄群から構成されていますが、 REIT及び過去12ヵ月無配当だった企業は除外されています。

〇高配当実績のある銘柄で構成されています。


感想

一般的な高配当インデックスとの違いは銘柄数コストにあります。


参考 〇ブラックロック社の高配当ETF、HDV(75銘柄 経費率0.08%)
   〇米国インカムファンドの平均経費 1.12% 配当ETF平均経費 0.41%


VYMは、420銘柄から構成されています。HDVと比べても5倍以上の銘柄数で、一般的なインカム狙いのファンドより4~10程多くの銘柄で構成されています。


個人投資家で420もの個別銘柄に分散投資をするのはまず不可能です。上位10銘柄の構成比率も低く、より個別銘柄リスクを分散しながら配当を狙いたい人にピッタリのETFだと思います。

にもかかわらず、0.06%という低コストなのがVYMの最もすごい所だと思います。


先週末(6月7日)時点での分配金利回りは3.02%となっており、購入価格によってはさらに高い分配金利回りが狙えることと思います。


VYMは分配金(配当・インカム)を重視したい方にはおすすめのETFです。



↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



VYMの購入にオススメの証券会社

海外ETFの購入は為替コスト安いSBI証券がおすすめ!




逆指値や時間外取引ができるのはマネックス証券だけ!





参照 バンガード社のホームページ