ポートフォリオの構築

資産クラスの選択はポートフォリオ選択の最初のステップです。

資産クラスとして代表的なものは、

現金・国内株式・外国株式・国内債券・外国債券、不動産・金などがあります。


どの資産クラスを選択し、各資産クラスにどれほどの割合で

資産を配分するかを決めるところから、ポートフォリオの構築は始まります。


資産クラスの流行

ポートフォリオを構築する資産クラスは、時代や流行とともに変化していきます。

今回はその例として、大学基金として有名なイエール大学の

過去150年の資産配分の変化を見ていきたいと思います。




イエール大学の150年の資産配分の変化

イエール大学の1850年のポートフォリオを見てみると

主な資産クラスは「不動産」で、50%以上を占めていました。

残りは「担保付きの債券や手形」ついで「株式」という配分でした。


1900年のポートフォリオは

主な資産クラスは「モーゲージ債券」「鉄道債券」「不動産」であり

「株式」「鉄道以外のその他社債」などが少し含まれているという配分です。


1950年代のポートフォリオは

「国内(米国)債券」「米国株式」「優先株」「不動産」を保有していました。


1985年以降は、機関投資家界のバフェット事デイビットスウェンセン氏の

「エールモデル」(株式を中心に複数の資産クラスに分散投資する)長期的戦略を駆使し

以下の図のような資産配分でポートフォリオを運用してきました。

27年間で10億ドルの資産を239億ドルへ成長させ、13.9%の利回りを達成させました。


現在では、下の図のようにオルタナティブ投資の比率が高くなっています。

00

参照 エール大学基金(http://investments.yale.edu


今日の実際のポートフォリオと目標のポートフォリオは、1985年のポートフォリオよりも大幅に高い期待リターンと低いボラティリティを持っているとのことでした。

個人的には、ベンチャーキャピタル、石油・ガス、木材、不動産など、株式以外の資産クラスについてもより一層勉強もしなければなあ感じたデータでした。


普通の個人投資家は・・・

とはいえ、デイビッドスウェンセン氏は一般的な個人投資家には
〇米国株式
〇米国債
〇米国物価連動国債(TIPS)
〇先進国外国株
〇新興国外国株(エマージング・マーケット)
〇不動産投資信託(REIT)

これら6つの資産クラスをこれを以下の基準に合わせて配分することを勧めています。

〇株式70、債券30%がベース
〇特定の資産に30%以上投資しない


これらは米国の個人投資家向けのアドバイスで、

日本人投資家には為替リスクがあることを考慮しなければなりません。

ですが、知識のない個人投資家が、無理にベンチャーキャピタル、石油・ガス、木材などに手を出す必要はないというようにも受け取れました。


「鉄道債券」というアセットクラス

イエール大学の過去の資産クラスを見ていくと、「鉄道債券」というものが目を引きました。

というの19世紀後半から20世紀前半にかけて、「鉄道債」は一つの独立した資産クラスとして扱われていたのです。

(この名残はベンジャミングレアムの「証券分析」にもあります)

鉄道会社の「貸付期間100年」という条件の債券も、価値の高い鉄道整備が確実な補償になるとして、多くの人は喜んで購入したといいます、


リーハイバレー鉄道の債券

1989年に償還を迎える予定だった、リーハイバレー鉄道の社債(利回り4.5%)のその後を

発行当時の1890年代の投資家が知ったら相当驚いたと思います。

社債発行後の40年間は普通に全額支払われました。

しかし1930年代から不振に陥り、その後・・・

リーハイバレー鉄道の概要(WIKI)


全ての鉄道債がリーハイバレー鉄道社債ような運命をたどったわけではありませんが、ほとんどの鉄道債は投資家の期待に応えることができませんでした。

そして現在では鉄道債券は独立した資産クラスとしてなど扱われなくなっています。



結果論ですが

イエール大学を含め、この時代の多くの投資家は鉄道債に資産の多くを配分し、

相対的に米国株式にはほとんど配分していませんでした。

みなさんもご存知の通り、1900年から米国株式に投資をしていれば、素晴らしいリターンが望めましたが、当時の投資家の多くは素晴らしいポートフォリオを構築し損ねてしまいました。


今回の教訓

各資産クラスには時代ごとに流行があります。

しかし、流行に流されてアセットアロケーションを決めてはいけません。


大切なのは、各資産クラスが果たす役割を理解し明確にすること。

そして、将来という「不確実な環境の中」でも、成功するポートフォリオを構築することです。


資産クラスではないのですが

かつての鉄道債や少し前の仮想通貨など、

一時的に価格が上昇していたり、流行っていたとしても、

(また、次にどんなのが流行するかはわかりませんが・・・)

くれぐれも流行に乗っかって、

全て(多くの)資産をツッコまないように気をつけましょう。


将来がわからない以上

目先の利益や流行、ここ数年間のリスクリターンのみに目を奪われずに、

幅広い資産クラスに十分に分散して投資をすることが、

資産を守り、増やすうえでは大切だと思います。



↓もしよろしければ応援クリックお願いします。すごく励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング