バンガード社について

今回は私の最も信頼するバンガード社について紹介していきたいと思います。

バンガード社は、米国の投資信託運用会社会社です。

1976年に世界初の個人投資家向けインデックスファンドを販売した事で知られています。

債券インデックスファンド、国際株式指数に連動するインデックスファンドを最初に設定したのもバンガード社です、

日本では2000年から投資家へのサービスを開始しました。

世界のインデックス市場全体の約39%のシェアを占めています。

初心者の方からベテラン投資家の方まで、全ての方に私はバンガードのファンドをお勧めします。


著名な投資家も

世界一の投資家ウォーレンバフェットは、「S&P500インデックスファンドに投資をする(バンガードの商品がおすすめ)」と提案したり、プロテジェとの賭けでバンガードS&P500インデックスファンド(アドミラル・シェアーズ)を利用したりしています。

詳しくは以下のリンクから

「S&P500のパフォーマンスは、ファンズオブファンズのポートフォリオのそれを上回る」

バフェットVSプロテジェ 賭け


バフェット以外にも

チャールズエリス    「敗者のゲーム」
バートン・G・マルキール「ウォール街のランダム・ウォーカー」
デイビッドスウェンセン 「イエール大学 最高財務責任者」

インデックス運用の巨匠達も、自身の資産をバンガードのファンドを用いて運用していると発言しており、三者三様にバンガードを信頼し(勧める)発言をしています。


長期投資で成功するカギ

名著「敗者のゲーム」で有名なチャールズ・エリスは、長期間投資で成功するカギは「経営陣と企業文化」といいます。

ファンドマネージャーは変わったり、転職するが、運用機関の経営陣の個性や文化は良くも悪くも変わらない。優秀な人材を何十年にも渡って引き付けるような企業文化を持つ運用会社を探すこと。(中には強力な販売網を持つ一方で、専門的な運用機能強化に関心の薄い会社もある)また、一貫した投資哲学を語り続ける会社を探す事。

とファンド選択についての発言をしています。


私もこの意見には賛成です。

バンガード社のみ限らず、少なくとも自分自身のお金、資産を預ける運用会社について知ることは大切なことだと思います。

長期投資をするなら尚更、「商品」だけではなく、自分のお金をどんな会社が運用しているか、その会社は安全か・信頼できるのかという点にも注目してほしいと思っています。

それでは紹介を始めます。


バンガード社

設立 1975年
本社 米国・ペンシルベニア州バレーフォージ
オフィス 世界に18拠点

運用総資産額 約550兆円
ファンド   413本
従業員数   17600人以上
投資家数   2000万人


(参考)
ブラックロック(グループ全体) 約721兆円(オプション市場の流動性が高いため)
三菱UFJファイナンシャルグループ 約  74兆円  

バンガードの強さの秘訣の一つににその規模(スケールメリット)があります。米国四季報をみると、ほぼ全ての米国企業の大株主に(ブラックロック・ステートストリート)とともに名を連ねています。

低コスト

アメリカでの業界平均のExpense Ratio(≒信託報酬)が0.62%となっていますが、バンガード社のインデックスファンドのExpense Ratioは0.11%と業界平均の1/5以下の水準になっています。


バンガードの哲学

バンガードの使命(バンガードジャパンのホームページより引用)

「全ての投資家の皆さまと公平に向き合い、投資目標達成のための最良の機会をご提供します」

バンガードのミッションは、投資家の皆様の視点に立ち、公正な姿勢で、皆様の投資の成功を何よりも優先して行動することです。バンガードは、投資家の皆様の賢明な投資判断に必要な情報や視点をご提供し、皆様のパートナーとして長期的な投資を成功させるお役に立ちたいと願っています。

エピソード

バンガード社の役員には「無特典」ルールが存在します。

具体的には、車の貸与・専用駐車場・ファーストクラスの出張・役員食堂などは一切ありません。

バンガード社は言葉だけではなく、行動でも「顧客」の事を第一に考えてくれています。


私がバンガード社が好きな理由

規模、資源・安全性、信頼、過去の実績・経験、将来における優位性など

名目上の理念や口だけでなく、実際にシステムや行動で、私達投資家のために活動しているバンガード社を私は押します。




バンガードの優位性について


①バンガードの構造

バンガード社の最大の特徴はその構造にあります。

まずは図にしてみました。矢印の向きに注目してください。


〇バンガード以外の会社の場合

ファンドの投資家「ファンド」運用会社株主


〇バンガードの場合

ファンドの投資家ファンドバンガード


詳しく説明します

例えば、上業企業のブラック〇ック社には2種類の受託責任があります、

①ファンド所有者の収益を優先する義務
②ブラック〇ック社の株主の利益を優先させる義務

ですので、ブラック〇ック(他の運用会社も)ジレンマに陥ります。

ファンド所有者(投信やETFを購入する顧客・投資家)の利益をあげるには手数料を下げなければいけません。

しかし、運用会社の株主の利益をあげるためには手数料を上げなければならないのです。


バンガード・グループの場合

自らが運用する米国籍ファンドやETFに、バンガードは所有されています。

そして、そのファンドを所有しているのは、ファンドへの出資者(投資家)です。

バンガードには、他の上場企業のように株主利益を考慮したり、会社を所有する一握りの人々の要望に応えたりする必要がありません。

この構造が、バンガードとファンドへの投資家の利益を合致させます。

コストを他社より低く抑えられこの構造が、バンガード最大の優位性です。


(残念ながら)

ファンド運用会社を所有する構造を、日本において導入することは法的に難しいようです。しかし、バンガード・グループの事業規模の大きさゆえに、日本でも低コストが実現できでいます。また最も規模の大きく重要な米国での優位性は変わりません。日本での構造は以下の図のようになっています。

00




②効率的な運用方法

バンガードは特許取得した運用方法で、複数のETFで1つのポートフォリオを組みます。

低コストを実現する上で、管理するべきポートフォリオ数が減ること、売買回数が減るという2つの大きなアドバンテージを得ることができます。


00

SBI証券より引用

③アットコストの実践

アットコストとは「サービスを利用する人が、そのサービスのコストを負担する」ということです。

一見当たり前のことですが、基本的に日本の金融機関は、本来その人が払う必要のないようなコストまで投資家に(こっそりと)負担させていることが多いです。

例えば、多くの運用会社では、無料でセミナーや相談、口座管理などが行われています。一見素晴らしく見えますが、その費用はどこからでているのでしょうか?


「サービスを利用する人が、そのサービス分のコストを負担する」

「サービスを利用しない人や必要がない人からはコストをとらない」

私は利用した人から必要な分(だけ)のコストを取り、他人から余分なコストは取らない米国バンガードのやり方の方が、こっそりと隠したり複雑にして、本来負担する必要がない人からコストをとるようなやり方より全然好きです。

(詳しく説明すると長くなるので触れるだけにしました。需要があれば後日詳しく書こうと思います)


バンガード社の約束

最後にバンガード社の掲げる、投資家との約束を紹介します。


(バンガードジャパンのホームページから引用)

バンガード社は投資家の皆様の資産運用者として、以下のことをお約束します。

〇常に投資家の利益を最優先に掲げます。バンガード社員の資産もその大半を皆様の資産と一緒に運用します。

〇皆様の資産の運用に当たっては、慎重かつ賢明に、長期的視野をもって行い、他の資産運用会社を長期的に上回るリターンを提供することを目指します。

〇最も高い企業倫理基準および受託者責任の基準に則って行動します。

〇コストの最小化を図りつつ、卓越したパフォーマンスとサービスを心掛け、資産運用サービスの提供者として最高の価値の提供に努めます。

〇「率直に話す」というバンガードの理念に従い、投資による利益獲得の可能性のみならず、投資のリスクやコストについても、率直、公正にご説明します。

〇皆様の資産と機密情報を保護する強固な管理体制を維持します。

〇有能かつ勤勉な、多様性に富む人員を雇用し、皆様の資産運用を着実に行い、皆様の要望にお応えできるよう万全を尽くします。

〇サービス全般にわたり皆様のご期待に沿えるよう、環境変化に即応し、常に自己革新、改善に努めます。


りんりの個人的な見解と大切な事。

私は尊敬するバンガード創設者のジョン・C・ボーグル氏の理念と彼の残したバンガード社の文化・哲学・優位性・そしてこの約束を信じてこれからもバンガードS&P500ETF(VOO)に投資をしていこうと思います。

同じ指数に投資をするなら、「低コスト」「安全」そして「より信頼できる運用会社」に管理・運用されているファンドを選ぶといいでしょう。

例えば、同じ指数、同じコストの商品があった時、私は間違いなくバンガード社の物を選びます。それだけの安心感があります。

りんりは一貫してバンガード社の商品を利用した投資をお勧めします。



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング