00


あなたが投資している目的はなんですが

運用における誤った行動は

ほとんどの場合、

投資家自身の目的がはっきりせず、

証券市場や投資そのものについての理解が

不十分であることから引き起こされます。


例えば

運用方針が曖昧だったり、リスク許容度を見誤ったり、

短期的視点で目標を決定してしまうと

市場が厳しいプレッシャーを受けている時や、

逆に好調過ぎるの時に

ミスを犯しやすくなります。


バフェットの師匠

ベンジャミングレアムも著書「証券分析」にて

「長期投資をしようとするものは、直近の経験を重視しすぎてはならない」

といっています。


この発言自体は1929年の大暴落を指しての発言ですが、

逆に好調過ぎる市場の後にも「平均へと回帰」する力は当然働きます。


好不調いずれにせよ、

短期的な市場の動きを見て

目標を決めないようにしましょう。






そしてエリスから2つのアドバイス

①投資家自身の目標を達成する上で大切なのは

「長期的に最も可能性の高い」運用基本方針を策定すること

成功するかどうかは他人との比較で決まるものではない。

自分自身との戦いだ。

とチャールズエリスは述べています。


②成功の秘訣は

ミスターマーケットと仲間たち(証券会社や、投資信託)から

送られてくる膨大な

宣伝広告、ファンドの運用成績、市場見通しの類を一切無視すること。


両方とも、一見簡単なことですが、

実際に実行している方は少ないのではないでしょうか?

私もブログを書くためとはいえ、

様々なニュースを見てしまいます。

特にこれからの決算シーズンは

S&P500企業で気になるところはブログに書いてしまうでしょう。

ごめんなさい。申し訳ない


本来、S&P500(VOO)などの指数に投資する

インデックス投資家は

ニュースや日々の損益に一喜一憂せず

何もしないのが最良の選択となります。

適切な目標と戦略を決めたら「むやみに動かない」

「急がば回れ」ともいいます。

特にS&P500(を含む)インデックスファンドに投資をしている方は

周りを一切無視して、自分のペースで投資を続けていきましょう。





↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング